About地域おこし協力隊とは

地域を変える力になろう。 「都会を離れて地方で生活したい」「地域社会に貢献したい」
						「人とのつながりを大切にして生きていきたい」
						「自然と共存したい」「自分の手で作物を育ててみたい」…。
						今、都市に住む人たちがさまざまな理由で豊かな自然環境や歴史、
						文化などに恵まれた「地方」に注目しています。
						「地域おこし協力隊」とは人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、
						地域外の人材を積極的に受け入れ、地域協力活動を行ってもらい、
						その定住・定着を図ることで、
						意欲ある都市住民のニーズに応えながら、
						地域力の維持・強化を図っていくことを目的とした制度です。

地域おこし協力隊になるには?

  1. (1)地方自治体による協力隊の募集情報を確認してください。活動内容や条件、待遇等は各自治体によって異なります。
  2. (2)募集している地方自治体へお申込みください。
  3. (3)地方自治体による選考(書類選考、面接等)の結果、採用が決定します。
  4. (4)地方自治体から、委嘱状等の交付により「地域おこし協力隊」としての委嘱を受けます。
  5. (5)現住所から採用先の自治体に住民票を移動し、地域おこし協力隊として活動を開始します。

期間・待遇

おおむね1年以上3年以下の期間、地方自治体の委嘱を受け、地域で生活し、各種の地域協力活動を行っていただきます。
活動費については、自治体及び活動内容により異なります。詳細は各地域おこし協力隊の報酬欄をご確認ください。

地域おこし協力隊についてもっと知る

  • 地域おこし協力隊まるわかりQ&A
  • 協力隊Movie
  • 隊員インタビュー