Life隊員たちの日常

新着ブログ

立山こころビレッジ

富山県立山町「地域おこし協力隊」のブログです。ここ立山の魅力と人々の「こころ」、そして地域おこしの情報を発信します。

2010年04月22日

「道普請(みちぶしん)」って何???

本日は、少し前の活動なのですが、私が最初にこの新瀬戸地区で行った活動である、「路普請(みちぶしん)」についてです。

ところで「道普請(みちぶしん)」って何でしょう?都会の人には非常に馴染みが薄いものですので、ぜひこのブログでも取り上げてみたいと思いました。私もこちらに来るまでは、まったく知りませんでした。

「道普請」は、田舎の様々な共同作業の一つで、農業用の用水路の点検と清掃そして周辺の枝打ちです。冬の雪の間に様々なごみや枝などが用水路に溜まりますが、春になりそれらを取り除き、水の流れを良くするためのものです。地区によっては、「堰普請(せきぶしん)」や「えざらい」と呼ばれています。この共同作業は雪が解けた春を告げる活動で、地区の若い男性は原則的に参加しなければなりません。私がお世話になっている上瀬戸地区では、私が着任して4日目の4月4日の日曜日に、この「道普請」が行われました。

当日はまだ寒さも厳しい朝8時半に集合。スコップ片手の約30名の若者(若いといっても結構年齢幅ありますが)が参加し、区長の挨拶のあと、いくつかの班に分かれ軽トラに乗り込みました。用水路に着くと班長の指示のもと、班員8名全員が長靴で冷たい水が流れる用水路に入ります。あとはもくもくと泥すくいを行います。雪解けの用水路には、泥や枝が多く堆積していて結構な重労働です。次第に腕と腰が痛くなってきますが、協力隊デビューの日にへこたれてはいけないと、ついついがんばってしまいます。

2時間ほど作業をして、ようやくつかの間の休憩。その後は用水路と貯水池の水の流れの点検を行いました。あわせて用水の上に伸びている枝が、用水に落ちないように枝打ちも行いました。体のあちこちが痛くなりましたが、春を迎えたばかりの立山の里山の風景と美味しい空気で、いい気持ちです。

お米農家にとって貴重な用水を確保することは、何よりも大切なことです。このような田舎の共同作業によって、田んぼの水は確保され、お米は作られています。こちらの方にとっては当たり前のことなのですが、都会育ちの私にとってはまったく初めてのことでした。「道普請」という新鮮な協力隊デビューの一日でした。

 

富山県立山町「地域おこし協力隊」

小島 路生

 

E-mail:michio_kojima@hotmail.com

ツイッター:http://twitter.com/michio_kojima

投稿者 こじま みちお | コメント(0)
[カテゴリ] 立山町でのいろんな活動

この記事に対するコメント

コメントはリアルタイムで掲載されない場合もあります。
当サイトではブロガーによるチェックが行われてから掲載される事もありますので表示まで時間がかかる場合もございます。
あらかじめ御了承お願いいたします。

  • 当サイト及び当ブログは、コメントの内容及びそのリンク先の内容には一切の責任を負いません。
  • コメント等の投稿及び閲覧は自己責任において行っていただくようお願いいたします。
  • スパムコメント、無差別の宣伝、対象記事と全く関係ない内容、悪意のある誹謗中傷等、当サイトの不利益になると判断した場合や重複送信の場合等、連絡なく削除することがあります。御了承お願いいたします。
  • メンテナンス等で投稿受け付けを中止する場合もございます。あらかじめ御了承お願いいたします。