Life隊員たちの日常

新着ブログ

2015年10月06日

*稲刈りシリーズ①藁立てとは何ぞや?*

こんにちは。

協力隊のたえこですヽ(´▽`)ノ

 

先週はとうとう稲刈りが始まりまして、

わたし達も様々な作業を体験させてもらい

ました。

内容が様々なので全4回に分けて

お送りします。

 

 

まずは9/30(水)午後のお話です。

わたし達は湯原地区の田んぼに

召集されました。

そこで受けた指令が「藁立て」。

 

稲刈りして出た藁をその後使用するのに、

天日干しをして乾燥させる必要が

あるのだそうです。

で、よく光と当たり風が通るように三角形に

立てて組むのを「藁立て」と言うそうです。

ほほう。そういえば田んぼを見たときに

こういうものが大量にあったのを

見たことあるようなないような。。。(*-ω-*)

 

やることはわかったものの、

いかんせん稲作ど素人のわたし。

作り方がちんぷんかんぷんだったので

大先輩の湯原のお母さん方から丁寧に

ご指導頂きました。

覚えの悪いわたしに、わかりやすく、

何度も教えてくれました。

本当に感謝です(/∀`*)

 

 

最初は悪戦苦闘しましたが、50個くらい

作っていくうちにコツをつかんで

楽しくなってきました。

最後には、にわか藁立て名人になった

つもりになってたり。笑 

 

 

今日初めて稲刈り関連の作業をしたのですが、

もーとにかく気持ち良かったです。

 

雲1つない秋晴れに

ほんわりあったかい気候の中、

広い田んぼの中で汗をかきながら

体を存分に使って作業をする。

作業中も、農作業のお楽しみ『一服(休憩)』

もお母さん達と話をして、

自然と七ヶ宿の暮らしを知る。

 

やっぱり人間は体を使うのが、

人と話をしてコミュニケーションをとるのが

良いようにできてるのですね。

そうすると心地良いように感じる

仕組みになってる、

そんな気がしてなりません。

 

 

今日とても嬉しかったことv(・∀・*)

 

あるお母さんがふと、

「やっぱり若い人と仕事すると違うねぇ!

気分が変わっていいわ!」

と言って下さいました。

七ヶ宿では農業に携わるのは主に

ご年配の方で、若者は役場や会社勤めの方が

多いそうです。

若者が作業に加わるとスピードも出るし、

活気が出るのだそうです。

 

ものすごくびっくりしました。

地味にわたしちょっと泣きそうになりました。

 

まだまだ来たばかりのわたし達、

教えてもらうばかりで申し訳ないと

思うばかり。

お役に立つなんてこと

あるわけもないと思ってました。

それなのに、いるだけで、

地元の人の気持ちが上向くような?

そんなことがあるのかも?しれない?

もしかしたら?

(自信ないので弱気口調です)

 

心にじんわりきました。

とってもとっても、有難いなと思いました。

とてもいい日でした。。。。*

投稿者 七ヶ宿町地域おこし協力隊員 | コメント(0)
[カテゴリ] 活動【その他】 七ヶ宿をご紹介

この記事に対するコメント

コメントはリアルタイムで掲載されない場合もあります。
当サイトではブロガーによるチェックが行われてから掲載される事もありますので表示まで時間がかかる場合もございます。
あらかじめ御了承お願いいたします。

  • 当サイト及び当ブログは、コメントの内容及びそのリンク先の内容には一切の責任を負いません。
  • コメント等の投稿及び閲覧は自己責任において行っていただくようお願いいたします。
  • スパムコメント、無差別の宣伝、対象記事と全く関係ない内容、悪意のある誹謗中傷等、当サイトの不利益になると判断した場合や重複送信の場合等、連絡なく削除することがあります。御了承お願いいたします。
  • メンテナンス等で投稿受け付けを中止する場合もございます。あらかじめ御了承お願いいたします。

プロフィール

お名前:
七ヶ宿町地域おこし協力隊員
活動地域:
宮城県七ヶ宿町
趣味 :
登山、読書、食べ歩き。。。
地域おこし協力隊員へ応募を考えている方へ一言:
ぜひ飛び込んでください。心配だったらこのブログをチラ見してほっこりして下さい。

アーカイブ

2015年10月 次の月へ