Life隊員たちの日常

新着ブログ

滋賀県犬上郡多賀町水谷 地域おこし協力隊ブログ

「養鶏」と「3Dプリンター」で地域おこし

2014年06月02日

常温のガムシロ

今日は、福井県まで地域おこし協力隊の交流会に行ってきました。

感想を一言で言うと・・・

 

「で?」

 

滋賀の交流会は有意義なものでした。

そのせいもあってハードルが上がっていたのかもしれません。

 

はっきり言って、ぬるい。

そして、あますぎる。

ほんと今日の貴重な一日を返してくれと言いたい。

 

全体会は他人のマスターベーションを見せられただけ。

意見交換の時間なし。

司会、下手すぎ。

だれが他人の自慰行為を見て楽しいんだろうか?

 

分科会もそもそもの目的が分からない。

ただ、隊員同士愚痴を言い合っただけ。

 

「フィールドワーク」

ただ、村をうろついているだけ。

そんなことしてるから、地域おこし協力隊が「税金泥棒」と言われる。

やるなら時間外にやれ。

1年かけてやってるとか、ただの馬鹿。

 

そんなくだらないことをやってるから、目標も不明瞭。

空家を利用して、なにかをしたい。

耕作放棄地を活用するために、なにかをしたい。

なにかしたいじゃないだろ・・・

目標も不明瞭なら、計画もない。

 

ゲストハウスを計画していると言いながら、いつまでに何件の空家を押さえて、何人呼びたいとか具体的な数字がない。

田舎カフェにしてもそう。

いつオープンして、何人集客して、いくら売り上げたいのか?

タダでコーヒー提供するとか、はっきり言って計画以前の問題。

赤字覚悟の一杯50円でも構わない、お代をいただくことによって生まれる意識の違いの重要性になぜ気付けないんだろうか? 

 

そもそも、もし自分がゲストハウスやカフェをやるなら、繁華街のど真ん中でやる。

「生け簀」と「水たまり」。

どちらに網を入れますか?っていう話。

過疎地でカフェやって採算ベースに乗せられるほどの経営能力があるのなら、都心で多店舗展開して悠々自適の生活を送れる。

そもそもなぜ空家になったのか?を考えていない&認識があまい。

 

水谷では米作りや、こんにゃく芋の栽培を行っていますが、すでに赤字は確定しています。

それでも活動を行っているのは、それ以外の価値があって、来年につなげるため。

ただ、うまく栽培できればどれだけの米や芋を収穫できるか?くらいは考えます。

今日はそんなワクワク感すら感じられなかった。

 

っていうか、人選自体もおかしい。

分科会の進行もまともに出来てなかったし、地域に溶け込めない、自分の殻を破りたい、と悩んでる奴もいたし・・・

ほんとに面接して隊員決めたの?って感じ。

 

一人くらい、まともなのが居てもおかしくないのだが、それを探す手段すら用意されていない。

隊員、支援員合わせて30人以上もいたのに、話をしたのはたったの8人。

自分も含め、残りは名前を言っただけ。

 

県や市町の職員も各地域から30人も集まってたのに、ただ座ってただけ。

はっきり言って、どれだけの時間と税金が浪費されたのだろうか?と考えると、馬鹿らしくなってくる。

 

ほんと、多賀水谷の地域おこし協力隊で良かったと実感。

今日得られたのはただそれだけ。

 

他人のことをとやかく言う資格なんてないのは分かってますが、さすがに今日のは酷すぎた。

 

地域おこし協力隊として約2ヶ月活動を行ってきました。

この2ヶ月の感想(詳しくはまた今度書きます)として、この程度の活動で、お金をいただくとかあり得ない、まだまだ全然足りない、申し訳ない、と思っているのに、今日のこの低レベルっぷり・・・

決して多くのお金をいただいているわけではありませんが、金額でもないし、時間でもない。

自分自身の現状をまだまだぬるま湯だと感じているのに、なぜ奴らはあんな顔をして活動報告できるのか?ほんと理解不能。

 

最後に一言。

 

「私を他の地域おこし協力隊と一緒くたに考えて欲しくない。」

 

今日はそれくらい怒りと失望でいっぱいです。

あと福井の会議には二度と行きません。

っていうか、ほんとこんなことイライラしながら書きたくないので、まじでもっとちゃんと考えて交流会やれよ。

 

投稿者 山下 | コメント(6)
[カテゴリ]

この記事に対するコメント一覧

協力隊は、なんだか失業者対策みたいにも感じます…。
非常に悪い言い方をすれば、乞食的な集団というか…。(すいません…)

投稿者 多賀っ子 | 2014-06-03 22:24:57

確かに、多賀っ子さんの言うとおりだと思います。
一般社会からすれば、非常識な行動。
税金を使っている以上、認められる活動でなくてはなりません。
今回の件を反面教師として、本来の地域おこし協力隊とはなんたるかを考え、活動していきたいと思います。

投稿者 山下 | 2014-06-04 01:46:11

ツイッターを見てこちらに来ました。福井県のとある町の者です。山下さんのブロク記事の内容、大変共感しました。
わたしも普段から、地域おこし協力隊の皆さんのレベルの低さには閉口していました。何か相談ごとをしてもうやむやにされて回答を引き伸ばされたり、計画性や採算性がなく、こんな状態で3年もいるつもりか?!と憤慨していました。そんなレベルの人間に「定住したい」なんて言われたくありません。
ビジネスマンの感覚が全くなく、さらに言えば、社会人の基礎、人間の基本がなっていません。このようなレベルの隊員に年間400万円もの税金が投入されているわけですから、本当に腹が立ちます。
都会で使えなかった人間が、現実逃避のために田舎にはねをのばしにきてるのでは?都会で使い物にならない人間が地域社会に入っても全く居場所がない様子です。乞食集団、税金泥棒という言葉をかけると憤慨されるかもしれませんが、事実なのですから反省して欲しいし、人選をもっときちんとしてほしいものです。

投稿者 みなみえちぜん | 2014-06-04 21:37:12

こんにちははじめまして。
千也と申します。

地域おこし協力隊について思うところがあり、色々探しているうちにこちらにたどり着きました。

少し前の記事のようですので、投稿するか迷いましたが投稿させて下さい。

私は地域おこしを受け入れる側の地域の人間です。
地域で地域おこしの方と色々関わりを持つ機会があり、最近思うところがあります。
『地域にやる気がない』・『何もさせてもらえない』・『雑用ばかりさせられる』などの話を聞きます。
『やる気がある人はいるけれど、上がそういう人を抑える』などの意見も。
確かにそういう部分は多々あるとは思うのです。
地域おこし協力隊の使い方が下手な行政だとは思っております。

ただ。
地域側の人間として。
『そういう風に言う人に協力したいと思う人がいるのだろうか?』とも思うのです。
地域おこしの人と話をする機会が増え、よそから来た方とも話をする機会が増え。
地域側の人間として、その方たちの話し合いに参加する機会も多くなったのですが。

『地域側の方の人間がどう思うのか考える事はないのだろうか?』というのをすごく感じるのです。

なんて言いますか。
なにかしたい熱意や行動力は感じるのです。
でも、それがすごく上からなのです。

地域の人と同じ目線に立って、考えている人がどれだけいるのでしょうか?
閉鎖的で行動力がないというのは、なぜそうなのか考えた人はいるのでしょうか?
受け入れてくれないと悩む人は、自分はちゃんと相手を受け入れようとしているのでしょうか?

現に私は意見交換の場でも、萎縮してしまいます。
私の性格もありますが、何か意見を言っても『あなたは地域側だから』というような圧力を感じるのです。

地域おこしの方の人選はどうなっているのでしょうか?
自分が自分が、というだけの人間を寄越すのはやめてほしい。
表面だけしか見ない人を寄越されても、どっちにも良い影響はないと思うのです。
地域が悪い・来た人が悪い。
この繰り返しでは、溝が深まるだけだと思うのです。

地域おこしのあり方について、国も、行政も、そして隊員も。
考え直すべきではないでしょうか?

すいません。
ほとんど愚痴になってしまいました。

よろしければ、山下さんの意見をお聞きしたく思います。

投稿者 千也 | 2014-10-22 12:37:28

一年以上前の記事ですが、コメントします。
鳥取市鹿野町地域おこし協力隊の土井です。
凄く共感します。

僕は隊員になる前に5地域ぐらいの隊員さんに実際に会いヒアリングしてから、なりました。
やはり皆さん事業性に乏しいといいますか「ここでカフェがしたいんですー」とか、受け入れ先のミッションもダメダメで「それで本当に飯食っていけると思う?」という内容ばかりでした。
ヒアリングした隊員も「フリーターでした」とか「パチ屋でバイトしてました」とか、いやフリーターやバイトが悪いわけではなくて、流れ流れてココに来たというニュアンスがダメでしょ、おいおいマジかよって思いました。
案の定、鹿野町の場合も「老人の困りごと解決1件1,000円×1日10件=日当10,000円」これで食べていけるねおめでとう!じゃあ後は頑張って!というなんの根拠もデータも無い粗末な計画でしたので、個人的に以前から着目し計画していた「ある商材」の消費拡大に向けた事業をミッションに組み込んで頂きましたが、行政の人に数学的な裏付けとか、そこから導いた収益性とか理解してもらうのが大変です。
そもそも行政は「予算がおりるかどうか」という発想だと思うので、民間の様に結果主義の頭が無く、根本的に全然違うというか…

よかったら色々お話しましょう!

投稿者 土井健三 | 2015-04-13 15:54:49

cialis drug stores online

<a href=http://cialischeapgeneric.com/>buy generic cialis</a>

<a href="http://cialischeapgeneric.com/">order cialis</a>

cialis en ligne sk

投稿者 Vladcet | 2017-04-14 17:53:31

この記事に対するコメント

コメントはリアルタイムで掲載されない場合もあります。
当サイトではブロガーによるチェックが行われてから掲載される事もありますので表示まで時間がかかる場合もございます。
あらかじめ御了承お願いいたします。

  • 当サイト及び当ブログは、コメントの内容及びそのリンク先の内容には一切の責任を負いません。
  • コメント等の投稿及び閲覧は自己責任において行っていただくようお願いいたします。
  • スパムコメント、無差別の宣伝、対象記事と全く関係ない内容、悪意のある誹謗中傷等、当サイトの不利益になると判断した場合や重複送信の場合等、連絡なく削除することがあります。御了承お願いいたします。
  • メンテナンス等で投稿受け付けを中止する場合もございます。あらかじめ御了承お願いいたします。

プロフィール

お名前:
山下
活動地域:
滋賀県犬上郡多賀町水谷地区
趣味 :
音楽、映画鑑賞
地域おこし協力隊員へ応募を考えている方へ一言:
非凡である必要はない。あせらず、ゆっくり一歩ずつ。

アーカイブ

2014年06月 次の月へ