Life隊員たちの日常

新着ブログ

滋賀県犬上郡多賀町水谷 地域おこし協力隊ブログ

「養鶏」と「3Dプリンター」で地域おこし

2014年07月12日

試験前夜

たぶんこんなに真剣に勉強しなくても余裕で取れると思うのですが、いちおう真剣に試験勉強しています。

最初、狩猟免許を取ろうと思ったのは、楽しそうだったから。

誰かに言われなくても取るつもりだったのですが、地域おこし協力隊、懇話会の活動の一環として取得できることになったので、今は仕事としてやってます。

人が原因で増えたものを、人の都合で獲るというのはどうか?と思うところは少しありますが、では他になにかいい方法があるのか?と言われると・・・

人と動物の境界線をはっきりすることは重要だと思います。

それは柵をもって境界線とするだけではないと思います。

人が生活している場にエサになるものが存在する以上、シカやサルが入ってきます。

これらエサとなるものが存在し、獣たちが取り放題になっているかぎり獣害は無くなりません。

こればかりは隊員だけでどうにかできる問題ではなかったりします。

ちなみに、自分が住んでいるログハウスには近くに民家がないのですが、最初はサルやカラスが屋根の上で騒いでいました。

でも、本気で追い払っていたら、今ではサルもカラスも近寄ってこなくなりました。

シカだけは真夜中に行動していて追い払えないので、今でも車で帰ってきたときなど見かけることがあります。

まあ、とりあえず狩猟免許を取得してからの話かな・・・

獣害をなくすため、できるかぎりのことをやってみようと思います。

 

今日の朝食。

 

「エッグベネディクトもどき」を作ってみました。

たぶんこれが流行ったのは、松潤がとある番組で作ったのが最初だと思う。

とりあえず名前が良い。

なんか名前だけで美味そうでハイソな感じがする。

まあ、ポーチドエッグ、ベーコン、マフィンにバターたっぷりのソースをかければ、どう考えても美味いに違いない。

というわけで、半熟卵といえばこの写真でしょう。

 

きゃ~、どう見ても美味そうにしか見えない。

 

で、今日の晩御飯。

 

野菜はすべて収穫orいただきもの。

ナスは田楽にしました。

ジャガイモはバジルと一緒に粉ふき芋にして、バターをたっぷり。

しし唐とレタス菜は卵スープに。

きゅうりはもちろん行者にんにく味噌で。

たぶん材料費100円かかってないと思う。

 

人の価値観っていろいろあると思いますが、こんなのが食べられる生活送ってて不幸だとは絶対に言えない。

あたりまえのように「ひぐらし」が鳴いてて、ホタルも見れる。

でも、その「あたりまえ」が自分にとっては新鮮だったりします。

だからこそ気付くこと、出来ることがあるのでは?と思ってます。

お~うまく最初のテーマにつながった。

っていうか、これで試験落ちたら恥ずかしすぎるな・・・

 

投稿者 山下 | コメント(3)
[カテゴリ] 日々のくらし

この記事に対するコメント一覧

水谷に永住できそうですか?

投稿者 大伴細人 | 2014-07-13 11:59:07

初めまして山下さん
ラジオを聞いて3Dプリンターについて興味があり一度話がしたくて連絡を取ります
よろしくお願いします

投稿者 奥西輝彰 | 2014-07-14 10:58:26

compre cialis super

<a href=http://cialisrx.com/>cialis tadalafil</a>

<a href="http://cialisrx.com/">cialis</a>

comprar cialis preci

投稿者 Konercet | 2017-04-19 05:28:23

この記事に対するコメント

コメントはリアルタイムで掲載されない場合もあります。
当サイトではブロガーによるチェックが行われてから掲載される事もありますので表示まで時間がかかる場合もございます。
あらかじめ御了承お願いいたします。

  • 当サイト及び当ブログは、コメントの内容及びそのリンク先の内容には一切の責任を負いません。
  • コメント等の投稿及び閲覧は自己責任において行っていただくようお願いいたします。
  • スパムコメント、無差別の宣伝、対象記事と全く関係ない内容、悪意のある誹謗中傷等、当サイトの不利益になると判断した場合や重複送信の場合等、連絡なく削除することがあります。御了承お願いいたします。
  • メンテナンス等で投稿受け付けを中止する場合もございます。あらかじめ御了承お願いいたします。

プロフィール

お名前:
山下
活動地域:
滋賀県犬上郡多賀町水谷地区
趣味 :
音楽、映画鑑賞
地域おこし協力隊員へ応募を考えている方へ一言:
非凡である必要はない。あせらず、ゆっくり一歩ずつ。

アーカイブ

2014年07月 次の月へ