Life隊員たちの日常

新着ブログ

そば屋起業で地域おこし~ぐりブログ~

多賀そばを主体とした地産地消のお店作りで、町おこし

2016年12月30日

新そばと多賀そば手打ち職人養成塾♪

こんにちは!

そば屋起業で地域おこしを目指している、石栗です!!

 

多賀そばも、12月中旬頃から、新そばになりました♪

新米と一緒で、やはり新そばは香りが高く、味も濃厚で美味しいです(^^♪

調べた所いつ頃まで「新」と言うかですが、年内というのが一般的なようです。

また、色も新そばは綺麗な薄緑色をしています。

これも、時間が経つにつれて茶色くなっていきます。

 

しかしながら、現代は保管・保存の技術が進歩した為、通年を通して美味しいお蕎麦が食べられるようになっています。

もちろん、

『挽きたて、打ちたて、茹でたて』

の三たてがあって成り立ちます。

※さらに、「獲りたて」を加えた、四たてをさらに美味しいそばの条件ともいう。

挽きたて→製粉したての事

打ちたて、茹でたて→そばの劣化が早い為、素早く打ち、茹でるという事(とは言うものの、切って30分程置いてから茹でるのが一番いいとされている。)

※茹でたてに関しては、茹でたそばはあっという間にのびてしまうので、手際よく水を切って素早く出さなければならないという戒めである。

 

そんな今年の、新そばがこちら!!

写真では、分かりにくいですが、実際は薄緑色してます!!

 

さて、多賀そば手打ち職人養成塾について。

毎年、多賀そば地域協議会の主催で、全9回によるカリキュラムにて、手打ちそば講習を行っています。

今回で、第7回目。

ちなみに、私は第5期生で、同期には今年そば屋をオープンした方や、飲食店を経営されている方などがおり、

今でも交流を持たせていただいています!

 

あれから2年が経ち、今年はアシスタントとして、お手伝いさせていただきました♪

 

そば打ちの工程を、

木鉢、延し、切りの3つの工程に分けて、それぞれの工程でますは先生がお手本を見せて、

その後に塾生が行うという形で行っています。

 

全9回、すべて二八そばで行い、最初は500gから。

最終的には、1.5kgを打てるように行いました。

また、そば打ちの後は、茹で方の講習も行っています。

 

何回かそば打ちをされた事がある人、全く初めての人。

年齢も様々な方が、もんぜん亭に集い、そば打ちを習う。

 

皆さん最初に比べて、手つきも良くなり、2年前の私よりも上手でした(笑)

卒塾後は、毎週土曜日にもんぜん亭で行っている「多賀そば工房」にて、

そば打ち職人(見習い)として参加する事が出来ます!

 

興味のある方は、土曜日に行っている、

「多賀そば工房」に来て、お話しいただけたらなと思います(^^♪

多賀そば工房

場所:多賀大社前駅すぐ、「もんぜん亭」

日時:毎週土曜日の11時~14時

※麺が売り切れ次第、終了

 

 

投稿者 ぐり | コメント(2)
[カテゴリ]

この記事に対するコメント一覧

協力隊退任後にそば屋で起業
すばらしいですね
頑張ってください

投稿者 稲垣信志 | 2017-01-03 09:55:13

稲垣信志様
コメントありがとうございます。
引き続き頑張ります!

投稿者 石栗義男 | 2017-01-11 15:59:45

この記事に対するコメント

コメントはリアルタイムで掲載されない場合もあります。
当サイトではブロガーによるチェックが行われてから掲載される事もありますので表示まで時間がかかる場合もございます。
あらかじめ御了承お願いいたします。

  • 当サイト及び当ブログは、コメントの内容及びそのリンク先の内容には一切の責任を負いません。
  • コメント等の投稿及び閲覧は自己責任において行っていただくようお願いいたします。
  • スパムコメント、無差別の宣伝、対象記事と全く関係ない内容、悪意のある誹謗中傷等、当サイトの不利益になると判断した場合や重複送信の場合等、連絡なく削除することがあります。御了承お願いいたします。
  • メンテナンス等で投稿受け付けを中止する場合もございます。あらかじめ御了承お願いいたします。

プロフィール

お名前:
ぐり
活動地域:
滋賀県犬上郡多賀町水谷地区
趣味 :
そば打ち、サッカー、ドライブ、ギター
地域おこし協力隊員へ応募を考えている方へ一言:
「念ずれば通ず」夢を最後まで思い続け、それに向かって努力すれば道は見えてくる

アーカイブ

2016年12月 次の月へ

カテゴリ