Search募集情報を探す

【地域おこし協力隊第3期生募集中】ミッションは4つ!移住・観光・インターンシップ・スポーツ 【応募受付は終了しました】

新潟県新潟県燕市

 

燕市では『東京つばめいと』のような交流事業に加え、人を呼び込み、地域の活性化を図る『移住定住促進事業』として、実際に「住む・働く」イメージを発信し実際に体験するイベント等の企画・運営などに取り組む「燕市地域おこし協力隊」を募集いたします。

首都圏での移住相談会やセミナーでPRをしてきましたが、実際の生活環境や燕市でのお仕事のこと、地域のことを『体験・交流』を通じてもっと知ってもらいたい。いなか過ぎないちょっといなか暮らしを体験してもらいたい。そんな思いをこめて今回募集を開始しました。

体験イベント等の企画・集客・運営の知識や経験がある方や旅行業、宿泊業などツアーイベント企画についての知識や経験がある方、一緒にチャレンジしませんか?

ご応募お待ちしております!

 

3期生ミッション追加!

現在募集中の1名に加えて、3つのミッションそれぞれ各1名ずつの応募も開始します。

  

・産業観光ナビゲーター 1名

・インターンシップコーディネーター 1名

・スポーツ推進(合宿や大会誘致など)コーディネーター 1名

この制度は、地域外の人材を積極的に受け入れ、その定住・定着を図ることで地域力の維持・強化を図ることを目的としており、最長3年間の任期を終えたあと人脈や経験を生かして就職や起業を目指してほしいと考えています。詳しくはお問い合わせください

 

 

※平成27年度より市の「移住・定住総合窓口」として各種セミナーや相談会への出展や東京ヤクルトスワローズとのコラボ事業を担当する初代隊員と、平成29年度より2期生2名が加わりました。ミッションは道の駅などの観光施設の活性化と「燕三条工場の祭典」事務局とオープンファクトリー等産業観光の活性化をそれぞれが担当。2名は市内の空き家を活用したシェアハウスにて生活しています。

 

※東京つばめいと・・・首都圏で暮らす燕市出身で18歳~30歳までの学生・社会人を対象として、遠く離れていてもふるさととつながって交流を続け、ふるさとが応援する事業です

 

募集要項

  • 雇用関係の有無
    あり
  • 業務概要
    ミッションその1『移住・定住コーディネーター』 1名
      ※市役所地域振興課交流推進係に所属し次のような活動を行っていただきます。

      ①「つばめを体験しようプログラム(仮)」ツアー企画・運営
       ・燕市での就業・起業に向けての地場産業を「見る・体験する」
       ・燕市での生活・就学について生活環境を「体験する・交流する」
      ②「移住・定住総合窓口」の運営
       ・移住相談会やセミナー等での移住相談、現地イベント集客
       ・移住・定住促進PRツールの企画・作成
       ・移住者現地下見アテンド
       ・移住者支援ネットワークの構築
     

     ミッションその2『産業観光コーディネーター』1名(予定)
     ※燕市観光協会に所属し次のような活動を行っていただきます。
      ・燕市の「産業」「ものづくり」を観光資源としたPR
      ・市内各企業やオープンファクトリー施設と連携した見学ルートの設計など

     ミッションその3『インターンシップ受入れコーディネーター』 1名(予定)
     ※公益社団法人つばめいとに所属し次のような活動を行っていただきます。
      ・新設される研修施設を中心としたインターンシップのコーディネート
      ・市内企業と連携したインターンシッププログラムの構築と運営
      ・市内企業や新潟県内外の大学との連携

    ミッションその4『スポーツ振興コーディネーター』1名(予定)
     ※市役所社会教育課スポーツ振興室に所属し次のような活動を行っていただきます。
      ・合宿や大会の誘致など、会場や宿泊先の手配、スポーツ団体や館r年企業との調整
      ・市内でのスポーツイベントの企画やPRなど
  • 募集対象
    ・20歳からおおむね40歳までの方
    ・申し込み時点に三大都市圏及び都市地域等(過疎、山村、離島、半島などの地域に該当しない市町村)に居住(住民票がある)する方
    ※地域要件について詳しくはお問い合わせください
    ・採用後、燕市へ住民票を異動させ、燕市内に居住できる方
    ・活動期間終了後も燕市に定住する意志のある方
    ・地域住民と積極的にコミュニケーションを図り、地域を元気にするために意欲的に行動できる方(居住地の自治会に参加していただきます)
    ・普通自動車運転免許を取得しており、日常的な運転に支障のない方
    ・市の条例及び規則等を遵守し、職務命令等に従うことができる方
    ・地方公務員法第16条の欠格事項に該当しない方
    ・心身ともに健康で誠実に職務を行うことができる方
    ・パソコンの一般的な操作(ワード、エクセル、電子メール、SNS等)ができる方
    ・土日祝日夜間の勤務、会議、行事参加等の不規則な勤務体制に対応できる方
  • 募集人数
    4名(予定)
  • 勤務地
    燕市役所他(ミッションごとに勤務地が違います)
  • 勤務時間
    原則 月20日勤務(月曜日から金曜日の週5日間)
    概ね週35時間以内(1日あたりの活動時間は概ね7時間程度を基本)
    ※活動内容によって夜間の会議やイベント従事、土日若しくは祝日に勤務となる場合があります
  • 雇用形態・期間
    市の特別職非常勤職員
    ※期間は採用された日から平成30年3月31日まで(最長3年)
  • 給与・賃金等
    月額170,000円(その他、賞与、時間外手当、退職手当等は支給しない)
    ※社会保険料等本人負担有り
  • 待遇・福利厚生
    ・健康保険・厚生年金・雇用保険等の社会保険に加入します
    ・住居費については市が補助します※金額の上限あり 空き家など住宅情報を提供
    ・転居に要する費用、水道光熱費、通信費、自治会費等は個人負担となります
    ・活動用の車両、備品等は必要に応じて貸与します
    ・活動に必要な消耗品、出張が発生した場合の旅費等は支給します
    ・地域おこし協力隊員を対象とした研修への参加を予定しています
  • 申込受付期間
    2017年12月21日~2018年03月31日
  • 審査方法
    申込手続き
    (1)申込受付期間
    平成30年3月末日まで(活動開始時期は応相談)

    (2)提出書類(①~④は全員、⑤は該当者のみ提出してください)
    ①燕市地域おこし協力隊応募用紙
    ②レポート『燕市地域おこし協力隊員に応募した動機』『燕市地域おこし協力隊員としてやりたいこと』
    ③住民票の抄本(申込時点のもの)
    ④普通自動車運転免許証の写し(両面)
    (以下の書類は地域おこし協力隊経験者であって地域要件の特例の適用を受ける方のみ提出してください)
    ⑤2年以上地域おこし協力隊として活動し、かつ、解嘱から1年以内であることが確認できる書類(委嘱状・解嘱状の写し等)

    (3)申込方法
      (2)の提出書類を下記申込先に持参または郵送して下さい。

    選考方法
    (1)第一次選考
    応募用紙をもとに書類選考し受付から10日前後で結果を文書にて応募者全員へ通知します。
    (2)第二次選考
      第一次選考合格者を対象に面接を行います。詳細は第一次選考結果を通知する際にお知らせいたします
    (3)最終選考結果の通知
      第二次選考後10日前後を目安に選考結果を第二次選考対象者全員に通知いたします。
    (4)その他
    応募にかかる費用(書類申請、面接に伴う交通費等)はすべて応募者の自己負担となります。また提出された書類はお返ししません。


    <申し込み・問い合わせ先>
    〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
    燕市役所 地域振興課 交流推進係 
    TEL:0256-77-8364 FAX:0256-92-2112
    mail:chiiki@city.tsubame.lg.jp
  • 参考URL

お問い合わせ先

地域振興課 地域おこし協力隊 伊藤正嗣
〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
TEL:0256-77-8364 FAX:0256-92-2112
URL:http://www.city.tsubame.niigata.jp/