Search募集情報を探す

現在5名の隊員が活動中!!観光・漁業・酪農の仕事を通じて岩手県田野畑村で暮らしてみませんか?新たに3名募集!!

岩手県田野畑村

 田野畑村は岩手県の沿岸北部、三陸復興国立公園の中に位置し、「北山崎」や「鵜の巣断崖」など、断崖と青い海が織りなす海岸景勝地に恵まれています。

 平地はわずか16%足らずで、ほとんどが山林で占められ、人口は約3,600人・世帯数は約1,400世帯、少子高齢化が進む典型的な農山漁村です。

 2011年3月11日の東日本大震災津波では、これまで経験したことのない未曾有の被害に見舞われ、現在も復興事業や将来に向けた村づきりのため、全村一丸となって進めています。

 本村の基幹産業は第1次産業dありそれに付随する形で第3次産業が営まれています。また安定した産業や雇用を確立・確保するため、第1次産業の就業者支援や第3セクター方式による会社起業を精力的に行ってきました。

 観光分野では、前述の優れた景観資源を訪れる観光客を年間役50万人(震災以前は63万人)となっており、小さな漁船で断崖を巡る「サッパ船アドベンチャーズ」や三陸ジオパークのガイドなど人気の体験プログラムがあります。

 村では、平成28年度から「地域おこし協力隊」制度を取り入れ、都市圏から移住した5名の隊員がそれぞれ、観光の振興やUIターンによる移住定住、特産品開発等の業務に当たるとともに、祭りや地域の年中行事、各種イベントなどに積極的に参加するなど、徐々に地域の暮らしに溶け込みながら暮らしています。

 

募集要項

  • 雇用関係の有無
    あり
  • 業務概要
    ◆観光誘客の推進に関すること
    村では、「サッパ船アドベンチャーズ」「津波語り部」「民泊等教育旅行受入れ」など、
    住民と観光振興団体、宿泊施設が連携し体験型の観光を進め、一定の成果を上げて
    きました。
    平成29年度からは、体験ダイビング・シュノーケリング教室・セルフダイビングをプロ
    グラムとする「観光ダイビング」を開始しました。北三陸唯一のダイビング施設を兼ね
    備え、また海中で白亜紀の地層が楽しめるジオパークとして PR を進めています。
    今後、体験型観光の充実化を図りながら、インバウンドの誘致を進めるため、下記
    の業務を行う専任者を観光振興団体に設置するものです。
    ・観光ダイビングのインストラクター ※研修からのスタート可
    ・観光PR の推進による誘客活動の強化
    ・新たな観光商品やイベントなどの企画商品化

    ◆水産業の振興に関すること
    東日本大震災により村の水産関連施設や漁船が被災し、漁業者数が減少している
    中で、漁獲量を回復し、村の基幹産業である水産業の振興をいかに図っていくかが
    課題となっています。
    そこで村では、新たにウニやクボガイ、ナマコなどの蓄養事業を展開し、漁協や漁
    協女性部、地元漁師を巻き込んで、村内の宿泊施設や観光施設と連携を図り、地元
    産の水産物の利用拡大と、新たな商品開発を目指しています。
    さらに、数年後に再開する「道の駅たのはた」に地元産の水産物を提供したいことか
    ら、水揚げから販売までの流通体制の構築を図ることが必要とされています。
    このように、蓄養事業、女性部の活動支援、水産物の販売促進活動を通じて村の水
    産振興を率先して支援できる人材を期待しています。
    主な業務は
    ・ウニ、クボガイ、ナマコなどの蓄養業務
    ・漁協女性部の加工品開発などの活動支援業務
    ・水産物の販売促進活動など

    ◆酪農の振興に関すること
    村では、酪農の振興を目的とし乳用子牛の育成牧場として「村営長嶺牧野」を第三
    セクターに一部委託し運営しています。今後預託頭数の増加のため牛舎新改築を検
    討していることから、第三セクターに出向していただき長嶺牧野で勤務していただき
    ます。トラクター業務に必要な運転免許資格などについては、費用補助があります。
    任期満了後は、勤務状況に応じて第三セクターで勤務可能です。
    主な業務は
    ・村営牧場の通常業務(乳用牛の育成、牧草の収穫・調製・販売など)
    ・村営牧場の運営改善に関ること
    ・酪農の振興に関ること

    【関連活動】
    ・村内情報の発信
    ・地域行事などコミュニティー活動支援に関する業務
    ・村内各種団体の活動支援に関する活動
    ・移住及び交流事業の支援に関する活動
    ・地域住民との連携に関する活動
    ・地域おこし協力隊に係る研修会への参加
    ・その他、地域の活性化に必要な活動
  • 募集対象
    平成30年4月1日現在、「観光誘客の推進に関すること」は年齢が20歳以上45歳以下、「水産業の振興に関すること」は年齢が20歳以上45歳以下、「酪農の振興に関すること」は」年齢が20歳以上概ね40歳以下の方
    (1)三大都市圏をはじめとする都市地域等に住所を有し、田野畑村地域おこし協力隊として任用後に田野畑村に生活の拠点を移し、住民票を異動させることができる方
    ※ 地域要件(三大都市圏をはじめとする都市地域等)
    ➣埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県及び奈良県の区域の全部
    ➣札幌市、仙台市、新潟市、静岡市、浜松市、岡山市、広島市、北九州市、福岡市及び熊本市のうち、総務省が定める条件不利地域以外の地域
    ※他市町村において地域おこし協力隊であった方(地域おこし協力活動を2年以上経験かつ解嘱から1年以内の場合)については、転出地の地域要件なし。
    (2)心身ともに健康で、地域住民と協力しながら、地域の活性化に積極的に取り組む熱意と意欲のある方
    (3)普通自動車運転免許を取得している方
    (4)パソコン(ワード、エクセル、インターネットなど)の一般的な操作のできる方
    (5)任期終了後も継続して田野畑村に定住のうえ就業、起業しようとする意志のある方
    (6)地方公務員法第16条に規定する欠格事項に該当しない方
  • 募集人数
    各1名
  • 勤務地
    ・「観光誘客の推進に関すること」は、NPO 法人体験村たのはた(岩手県下閉伊郡
    田野畑村机142 番地3)他

    ・「水産業の振興に関すること」は、田野畑村漁業協同組合(岩手県下閉伊郡田野
    畑村羅賀192 番地114)他

    ・「酪農の振興に関すること」は、村営長嶺牧野(岩手県下閉伊郡田野畑村田野畑
    414 番地6)他
  • 勤務時間
    ・1日当たり7時間45分、原則として週5 日間 を基本とします。
    ※業務の性質上、土・日・祝日勤務もあり、代休対応とします。
    ・勤務時間は原則として以下のとおりとします。
    「観光誘客の推進に関すること」は9時から17時
    「水産業の振興に関すること」は8時30から17時15分
    「酪農の振興に関すること」は8時30分から17時15分
    ※業務の性質上、1 日あたりの勤務時間の範囲内で不規則な勤務もあり。時間
    外は振替対応とします。
    ・1年間の有給休暇は20日間。1年に満たない場合は勤務する歴月数を月割り計
    算で算出します。
  • 雇用形態・期間
    田野畑村の非常勤特別職員として採用します。
    ・任用日から平成31年3月31日までとし、1年以内の期間を定めて延長することが
    できますが、最長で3年となります。
    ・地域おこし協力隊としてふさわしくないと判断した場合には、任用期間中であっ
    ても、その任用を取り消すことができるものとします。
  • 給与・賃金等
    ・「観光誘客の推進に関すること」は月額 200,000 円(予定の上限額)
    ・「水産業の振興に関すること」は月額 180,000 円(予定の上限額)
    ・「酪農の振興に関すること」は月額 200,000 円(予定の上限額)
    ※経験やスキルを配慮し決定します。
    ※その他の手当(通勤、時間外、退職金など)および賞与は支給しません。
  • 待遇・福利厚生
    ・健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険 加入
    ・任用期間中の住居は村が手当しますが、光熱水費などは個人負担となります。
    ・住宅借り上げに係る敷金・礼金は個人負担となります。
    ・業務の遂行と通勤用として軽乗用車を貸与します。
    ・業務に必要なパソコンなどは貸与します。
    ・業務に支障がない範囲での兼業は可能です。
    ・その他、業務に要する経費は予算の範囲内で支給します。
  • 申込受付期間
    2018年04月06日~2018年05月18日
  • 審査方法
    ・応募手続
    (1)応募受付期間
    平成30年4月6日(金)~平成30年5月18 日(金) ※必着
    (2)応募方法
    郵送または持参
    (3)提出書類 ※提出された書類は返却いたしません。
    ①平成30年度田野畑村地域おこし協力隊応募用紙
    ※直筆のうえ、必ず顔写真を添付してください。
    また、様式は村のホームページからもダウンロードできます。
    ②活動目標レポート
    ※下記の①②のうち、希望する業務テーマについてレポートを作成し、提出してください。
    用紙はA4縦長(1枚)で、横書きのうえ1000字以内として下さい。
    レポートについては、文章作成ソフト使用可。
    「観光誘客の推進に関すること」のテーマ:「田野畑村の体験型観光推進に関すること」
    「水産業の振興に関すること」のテーマ:「水産業の振興に関すること」
    「酪農の振興に関すること」のテーマ:「乳用牛の飼養管理に関すること」
    ・第1次選考
    書類選考のうえ、結果を6月上旬(予定)に文書で通知します。
    ・第2次選考
    第1次選考合格者を対象に面接を実施する予定です。
    日時等は、第1次選考結果通知の際にお知らせいたします。
    なお、2次選考における会場までの交通費などは、応募者の負担となります。
    ・最終選考結果の通知
    平成30年7月上旬(予定) ※合否は全員に文書で通知いたします。

    ・応募・問い合わせ先
    田野畑村役場 政策推進課 地域おこし協力隊募集担当者
    〒028-8407
    岩手県下閉伊郡田野畑村田野畑143番地1
    電話:0194-34-2111 ファックス:0194-34-2632
  • 参考URL

お問い合わせ先

政策推進課 佐々木 歩
〒028-8407 岩手県下閉伊郡田野畑村田野畑143-1
TEL:0194342111 FAX:0194342632
URL:http://www.vill.tanohata.iwate.jp/