キャンピングガーデン家和楽
photo
  • photo 2011年02月27日
    アカガエル産卵 & 「寒さ坊主」
    先日、久しぶりに“この地の言葉”を一つゲットしました。   早、3月になろうとしています。 1月はずっと雨がなく土はカラカラに乾燥していましたが、 2月の雪が田畑を潤し、黒々とした土が蘇りました。 この頃になると、例年アカ...
    記事を読む
  • photo 2010年12月09日
    この地の言葉:  のめる。
      うちには大きな鬼胡桃の木があって、毎年沢山の実をつけます。 鬼胡桃は縄文の時代から日本に自生していた和胡桃で、洋菓子に使うカリフォルニア産の胡桃とは違って殻がとっても硬く、おしゃれな胡桃割りでは割れません。 鬼胡桃専用の胡桃割り...
    記事を読む
  • 2010年12月09日
    この地の言葉:  落ちる 高速バスから落ちた人
      茨城県北部のこの地、常陸大宮市から東京、上野経由新宿行き、及び東京駅八重洲口行きの高速バスが出ています。 2時間から2時間半で上野まで座ったまま(大抵はずっと寝ているが)で行けるので大変楽で便利に利用しています。 この間の帰りの...
    記事を読む
  • photo 2010年10月09日
    この地のことば: ならもだし (きのこの地方名)
    数年前に切ったうちのクヌギの切り株にキノコが大発生しました。 近所にキノコに非常に詳しい方がおられます。 その方は里山の自然全般に詳しいナチュラリストであり、あちこち歩いて採取した山菜やキノコをご自分で調理される里山グルメでもいらっしゃ...
    記事を読む
  • 2010年09月29日
    お迎え星☆
    お彼岸が過ぎ、急に秋が深まりました。 早、夜など寒いぐらいです。 これからは夜空が楽しみです。 ☆☆☆!! 田舎の夜は真っ暗です。 凛とした夜気の中、しばし佇んで天上にまたたく星を見るのは至福のひと時です。話しは変わりますが、先日ふと腕を見...
    記事を読む