地域と都市の移住・交流に役立つ情報や、田舎暮らしの魅力を発信しています。

JOIN ニッポン移住・交流ナビ

JOIN ニッポン移住・交流ナビ
  • spacer
    移住・交流を知る
    田舎暮らし特集
    仕事を探す
    空き家バンク・住まい
    イベントカレンダー
  • spacer
    地域を検索
    地方・都道府県名から絞込み

    気候・自然環境から絞込み
    支援策から絞込み
    立地・特性から絞込み
  • spacer
    JOINの活動
    JOINとは?
    JOIN大使
    会員一覧
  • エリアから地域を探す
    交流・体験情報
    田舎フォトライブラリー
  • お問い合わせ
  • メルマガ登録
  • 移住・交流パンフレット請求
  • JOIN加入のご案内
  • ご挨拶
    ようこそ!「ふたつのアルプスが見えるまち」、南信州・飯島町です。

     飯島町は、西に中央アルプス、東は南アルプスに囲まれた自然豊かな町。ふたつのアルプスの眺望は、同エリア随一と言われています。また、古くは主に信州伊那谷の天領を治めた飯島陣屋が置かれ、その後も伊那県庁として長年にわたり、政治・経済の中心として栄えてきた歴史もあります。

     産業は、河岸段丘と豊富な水、気温の日格差を生かした農業が盛んで、「地域複合営農-1,000ha自然共生農場づくり」を掲げ、米を中心に花や果物、きのこなど、ありとあらゆるものが生産されています。また、商工業では従来からの製造業のほか、食品関連産業の進出が目覚しく、地元農産物を使った栗菓子や酢といったの特産品の開発など、いわゆる6次産業化が進んでいます。

     人口約1万人の小さな町ですが、人・自然・文化・産業の調和の取れた町を目指し、また、行財政運営もコンパクトで身の丈にあった健全運営を心がけ、より多くの皆さんに「住みたいな」「住んでよかったな」と思っていただけるようにう魅力ある町づくりを進めています。“いいじま町deいい暮らし♪”をはじめませんか。
    • 所在地:長野県上伊那郡飯島町飯島2537
    • 面積:86.94km²
    • 人口:9,939人
    • 人口密度:114人/km²

    • 平均気温のグラフ
    • graph
headerfooter
飯島町からのお知らせ
移住希望者向けのガイドブックをお届けします

飯島町では、定住促進を町の重要テーマとして掲げ、平成23年4月に新設した定住促進室のスタッフを中心に、様々な取り組みを展開しております。

室設置後の5年間の取り組みや移住相談・問い合わせの実績を踏まえ、田舎暮らしやU・I・Jターンをお考えの皆さんに対し、飯島町が理想の移住スポットとして少しでも認知されること、また、移住の検討に少しでも役立てていただけるようにと、移住ガイドブック「いいじま町deいい暮らし♪」を発行しました。
小さいけれどキラリ輝く南信州・飯島町☆移住ガイドブック“いいじま町deいい暮らし♪要チェックです!
冊子をご希望の方は、お気軽にご連絡ください。

 

 

 

◎配布対象:田舎暮らしに興味のある方、U・I・Jターンを検討されている方など

◎掲載内容: 町の概要、セールスポイント、リアル生活圏情報、飯島ことば、支援策案内、Iターン者インタビュー、よくある質問、町のオススメ(食・スポット)、お役立ち情報(役場移住関係の主な仕事・基礎データ・移住成功のポイント)

◎体裁:A5版小冊子・フルカラー・全25ページ・付録付き

電話やメールでお気軽に!飯島町定住促進室です。

飯島町定住促進室はこの春、満5年目を迎えます。ワンストップ・フルアテンドを心がけ、移住・定住支援のほか、交流・体験・滞在情報を発信しています。

飯島町でいい暮らし♪。あなたにぴったりな南信州・飯島町探しをお手伝いします!どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

飯島町発信情報

もっと見る

header footer
気候・自然
  • 夏が涼しい
  • 伊那谷(盆地)につき、内陸特有の気候。気温の日較差が大きく、朝夕の涼しさが心地よい。冷房控えめの健康生活が可能です。
 
気候・自然
  • 冬が暖かい
 
気候・自然
  • 海がある
 
気候・自然
  • 山がある
  • 西に中央アルプス、東に南アルプスのふたつのアルプスに囲まれたまち。その眺望は「伊那谷(南信州)随一」と言われるほどの美しさです。
 
気候・自然
  • ウィンタースポーツを楽しめる
  • 車で20分の位置に駒ヶ根高原スキー場があります。
 
気候・自然
  • マリンスポーツを楽しめる
  • 海なし県の長野県ですのでマリンスポーツは無理ですが、河川や湖沼でヨットやカヌー、渓流釣りなどを楽しむことができます。
 
気候・自然
  • 温泉を楽しめる
  • 信州いいじま温泉「お宿陣屋」は日帰り入浴も可能。そのほか、車で15分程度で行き来できる近隣市町村の温泉施設も多数存在します。
 
支援策
  • 交流・体験・お試し制度がある
  • 飯島町では、田舎暮らしに興味のある皆様に活用いただける「田舎暮らしリサーチ住宅」を運用しています。詳しくは飯島町の公式ホームページをご覧ください。http://www.town.iijima.lg.jp/index.php?f=hp&ci=13692
 
支援策
  • 農林水産業従事への支援がある
  • 飯島町は、全農業者参加の飯島町営農センターによる「地域複合営農」を目指す、全国有数の集落営農の先進地です。就農計画へのアドバイスや集落営農の担い手法人への研修・就農受入のマッチングを行うほか、経営規模や作柄に見合った農地の利用調整を行います。そのほか、県やJAのインターン制度も活用しながら、就農を支援します。
 
支援策
  • 育児支援がある
  • 飯島町では、「子は地域の宝」の考え方に基づき、高校三年生までの医療費実質無料化、第2子以降の保育料大型優遇措置、小学校1年生にランドセル贈呈、ハッピーバースフラワー事業など、幅広い支援を行っています。詳しくは、飯島町公式ホームページをご覧ください。http://www.town.iijima.lg.jp/index.php?f=hp&ci=13700
 
支援策
  • 住宅支援がある
  • 飯島町では、住宅建設資金利子補給事業をはじめ、住宅リフォーム支援補助金、若者定住化促進住宅補助金、住宅耐震補強工事補助金、太陽光発電・太陽高熱利用システム設置補助など、住まいに関する幅広い支援を行っています。詳しくは、飯島町公式ホームページをご覧ください。http://www.town.iijima.lg.jp/index.php?f=hp&ci=13698
 
支援策
  • 起業支援がある
 
支援策
  • 就職・転職支援がある
  • 飯島町では、町外在住の若者が飯島町に定住し、町内はもとより通勤圏内で定職(転職、新規就農、新規起業を含む)に就いた方に対し、就職祝金や引越費用の一部、社会人スタート・再スタートの意を込めて総合的に応援する補助制度「飯島町若者就職応援補助金」を創設しました。合言葉は、“住まいは飯島・仕事は南信州♪”詳しくは、飯島町公式ホームページをご覧ください。http://www.town.iijima.lg.jp/index.php?f=hp&ci=13712
 
支援策
  • 生活支援がある
 
立地・特性
  • 市街地に通える
  • 飯島町は、南信州の中心に位置しており、町内には中央自動車道、国道153号・国道153号伊南バイパス、県道飯島飯田線・広域農道(中央アルプス花の道)、JR飯田線が南北に縦断しており、北隣の駒ヶ根市までは車で15分程度、伊那市や飯田市も30~40分と通勤通学や買い物に気軽に行き来できます。
 
立地・特性
  • 二地域居住に便利
 
立地・特性
  • 三大都市まで2時間以内
  • 飯島町をはじめとする長野県南部(南信州)は、古くから中京圏との結びつきが深い地域です。名古屋まで車で約2時間の位置にあります。(参考:新宿までは車で3時間30分)
    また、リニア中央新幹線の建設が計画されており、長野県の中間駅建設予定エリアまで車で30分圏内にありますので、開通後は三大都市までのアクセスが飛躍的に向上することが期待されます。
 
立地・特性
  • 医療施設が整っている
  • 飯島町には、個人開業医等が12箇所(内科・歯科・接骨院・小児・処方箋薬局など)あります。周辺には昭和伊南総合病院や下伊那赤十字病院があり、いずれも15~20分で到着できます。
 
立地・特性
  • 学校等教育施設が整っている
  • 飯島町には、認可保育園:3園、小学校:2校、中学校:1校があります。保育園入園前の子どもさんに気軽に利用いただける子育て支援センターがあります。