Search 募集情報を探す

募集期間延長!【栃木県佐野市/伝統工芸「天明鋳物」】地域おこし協力隊

伝承される技術

 栃木県佐野市を代表する伝統工芸「天明鋳物」は、平安時代からの長い歴史を有しています。「鋳物」とは、鉄や銅のような金属を溶かして成形される製品のことで、近年では岩手県の南部鉄器や富山県高岡市の錫製品などが人気を集めています。

 実は、この南部鉄器や高岡の錫製品よりも歴史が長く、国内で最も古い鋳物の産地が、天明鋳物のまち、佐野市なのです。天明鋳物が最も注目を集めた時期は、室町から江戸の頃で、特に、茶道で使用する茶釜は、千利休や信長、秀吉、家康らも愛用したとの記録が残されるほどでした。江戸時代に入ると、皇居平川橋の擬宝珠(ぎぼうしゅ)や日光東照宮の家康の霊廟なども天明の職人(鋳物師(いもじ))が手がけるなど、その高い技術は、情報手段が未発達の当時ありながら、全国に及ぶほどでした。

 たくさんの従業員をかかえる鋳物事業者が何軒もあった時期もありましたが、現在は、4軒となり、ほとんどの職人が一人で事業を営んでいる状況です。受け継がれてきた歴史と技術というバトンを将来に向かってつないでいくには、新たな作り手の育成とともに、生業として成り立つだけの売上につながる製品の開発と流通の開拓・確保や製品にプレミアを付加することにつながる歴史や技術に関する追究などが必要となります。そして、そういった取組みすべてを国内外に発信し、知名度を上げることも重要です。

 天明鋳物を盛り上げ、継承していくには、今、技術、流通、学術、情報という様々な側面からの後押しが必要となっています。職人や行政、地域の人々とともに、その一翼を担って活動してくださる「地域おこし協力隊」を募集します。

国重要文化財「鋳銅梅竹文透釣燈籠」

 

見学や応募にあたってのご相談を受付中!

 

「天明鋳物はどんなもの?」「職人さんはどんな人?」「佐野はどんなまち?」…

佐野市や天明鋳物にちょっと興味アリ!でも、わからないことだらけで応募に踏みきれない…そんなあなたの不安を少しでも解消するお役にたちたいと思います。

ご相談いただければ、工房見学や市内見学、お仕事の内容に関する説明など、可能な範囲で対応いたします。

まずは、電話またはメールを!!

 

  佐野市役所文化立市推進課(TEL0283-20-3044/FAX0283-20-3029)

  メールアドレス:tenmyouimono@city.sano.lg.jp

募集要項

  • 関連ファイル
  • 業務概要
    伝統工芸「天明鋳物」の歴史と技術を将来にわたって継承していくために必要とされる取組(国内外へのPR、製品開発、販路開拓、職人の育成や発掘など)を、市、鋳物事業者や関係者と連携してすすめることで、「鋳物のまち」としての本市の活性化につなげる活動をします。
    (1) ワークショップや学習会等の啓発イベントの企画運営
    (2) 鋳物事業者と連携した作品制作や展示商談会出展等の活動
    (3) 天明鋳物の啓発や伝承等を目的とする拠点整備に向けての企画提案
    (4) 天明鋳物のマーケティング分析と販売促進に向けた活動
    (5) 鋳金展や茶会等鋳物に関連した市主催事業運営に協力
    (6) ホームページやSNSを活用した情報発信     など
    ※上記は活動の例です。これら以外にも天明鋳物の振興につながる活動を市の担当者と話し合いながら進めていただけます。
  • 募集対象
    (1) 2019年4月1日現在で年齢20歳以上45歳未満の方
    (2) 現在3大都市圏内に在住していること、または、同一地域で地域おこし協力隊として2年以上活動し、その終了後、1年以内であること
     ※1であって、条件不利地域※2以外に在住しており、佐野市に住所を変更できる方。
      ※1→埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都  府、大阪府、兵庫県及び奈良県の区域
     ※2→過疎地域自立促進特別措置法、山村振興法、離島振興法、半島振興法、  奄美群島振興開発特別措置法及び小笠原諸島振興開発特別措置法に定める区  域
    (3) 普通自動車運転免許のある方
    (4) パソコン(ワード・エクセル等)、SNS(フェイスブック等)の一般的  な操作ができる方
    (5) 鋳物に興味・関心のある方
    (6) 地域協力活動に深い理解と熱意を有し、かつ、積極的に活動することができる方
  • 募集人数
    1名
  • 勤務地
    佐野市役所 ほか
  • 勤務時間
    <雇用形態「有」の場合>
    (1) 原則、月曜日から金曜日(祝祭日をのぞく)
    (2) 午前9時から午後5時まで(7時間勤務)
    (3) 業務内容により、上記以外の日、時間帯に勤務していただくことがあります。その際は、1週間当たりの勤務時間内で調整します。
    (4) 有給休暇等は、佐野市臨時嘱託員取扱要綱に基づき付与します。(任用期間1年:20日)

    <雇用形態「無」の場合>
    特に定めはありません
  • 雇用形態・期間
    任用期間:2019年10月1日から2020年3月31日
    (協議のうえ、最長3年まで、年度ごとの更新することができます。)

    雇用形態:有無を選択可
     「有」の場合)佐野市地域おこし協力隊員(非常勤特別職)として市長が委嘱        します。
     「無」の場合)佐野市地域おこし協力隊員として市長が委嘱します。
  • 給与・賃金等
    <雇用形態「有」の場合>
     給与月額 166,000円(社会保険料等の本人負担分を控除します。その他の            手当はありません。)

    <雇用形態「無」の場合>
     報償費として、月額166,000円
  • 待遇・福利厚生
    <雇用形態「有」の場合>
    (1) 活動期間中の住居は市が用意しますが、光熱水費・通信料は隊員の負担になります。
    (2) 活動に使用する車両及びそれに係る燃料費は市が負担します。
    (3) 活動に必要な経費は、予算の範囲で、市の担当者と協議しながら市の会計予算から支出します。
    (4) 研修機関等が実施する研修プログラム等への参加費及びに要する旅費を支給します。(※ただし、予算の範囲内において)
    (5) 健康保険、社会保険、雇用保険に加入します。
    (6) 応募、転居等に伴う経費については、応募者の負担になります。

    <雇用形態「無」の場合>
    (1) 雇用形態がないので、健康保険料等はすべて自己負担となります。
    (2) 住居費や活動のための車両、研修等にかかる経費については、活動費の範囲で工夫して対応していただきます。
    (3)  応募、転居等に伴う経費については、応募者の負担になります。
  • 申込受付期間
    2019年07月01日 ~2019年08月31日
  • 審査方法
    (1)第1次選考(書類)
      ・佐野市地域おこし協力隊員応募申込書
      ・申込受付期間中に、持参または郵送により提出してください。提出いただ   いた書類は、返却いたしません。
      ・送付先:〒327-8501 栃木県佐野市高砂町1
                 佐野市文化立市推進課 
     ※書類選考のうえ、応募者全員に結果を通知します。
    (2) 第2次選考(面接)
      ・第1次選考合格者を対象に第2次選考を行います。
      ・日程は、7月12日(金)予定
      ・詳細は、第1次選考結果通知の際にお知らせします。
    (3) 最終選考の結果通知
      ・最終結果については、全員に通知します。選考内容について
      は、お答えできません。
  • 備考
    雇用形態の有無を選択していただけます。
    掲載の活動支援制度は、雇用形態「有」の場合に適用します。
    「無」を選択した場合は、予算の範囲で「補助金」として交付される活動費お中で支弁していただくことになります。

お問合わせ先

佐野市産業文化部文化立市推進課  林田治美
327-8501 栃木県佐野市高砂町1番地
TEL: 0283-20-3044 FAX: 0283-20-3029