Search 募集情報を探す

創作こけし産業の将来の担い手として地域おこし協力隊を募集しています

sousaku_kokeshi

渋川市では、地元の伝統工芸である「創作こけし」産業の後継者を育成するため、こけし工房等で研鑽を積み創作こけし産業の担い手を目指す地域おこし協力隊を募集しています。


1 渋川市の紹介

渋川市は、日本そして群馬県のほぼ中央に位置し、古くから交通の要衝として栄え、豊富な水資源を活かした工業、山地の開拓による農業や、首都圏の奥座敷といわれた「日本の名湯・伊香保温泉」をはじめとする観光・温泉などを主要産業としてきました。
市内には泉質の異なる日帰り温泉施設が6以上あり、365日手軽に温泉が堪能できます。
東京からは約120キロメートルほどの距離で、高速道路(関越自動車道渋川伊香保IC)で約2時間、新幹線及びJR上越線で約1時間10分で結びます。
雄大な利根川と渓谷の美しい吾妻川の2つの川が市内で合流し、東西には群馬県を代表する赤城山、榛名山が、北には子持山、小野子山がそびえ、水と緑の豊かな自然に抱かれた風光明媚な場所です。
 

2 創作こけしとは

創作こけしは、昭和20年代に群馬県内を中心として誕生した近代こけしのうち、主に作家の一作品として制作された作品で、渋川市をはじめとした県内各地において大切に育まれてきました。
この間、多くの作家たちの研鑽により、美術工芸品としての地位を確立し、その芸術性は高い評価を得ています。
伝統的なこけし制作の技術を用いて木目を生かしながら、彫り込み、焼き込み等の技術を駆使し、各作家の個性と創造性を発揮して制作された作品には、作家独自の意匠を凝らした豊かな表現を垣間見ることができます。
産業としては、外国人観光客のお土産品としての需要が多く、主な出荷先は東京都、神奈川県、北海道、沖縄県など外国人観光客が多く集まるところとなっています。外国人観光客数は増加傾向にありますが、こけし職人は減少しており生産量が増やせない状況にあります。

 

3 こんな人を待っています

●地域に寄り添って、情熱をもって活動に取り組んでいただける方

●創作こけしに興味があり、円滑な人間関係を構築でき、伝統工芸の承継・発展に携わる意欲がある方

●活動期間終了後も渋川市に定住し、こけし産業の担い手として独立開業する意思のある方

雄大な自然が魅力の渋川市で、伝統産業の担い手として、あなたの力を発揮してみませんか。


 

募集要項

  • 雇用関係の有無
    なし
  • 業務概要
    ●創作こけし製作に係る技術及び知識の習得
    ●創業に必要な知識の習得
    ●創作こけし産業関係者との交流及び連携
    ●インターネットを活用した創作こけしの魅力発信
    ●地域行事等への参加
  • 募集対象
    1. 平成31年4月1日時点で、おおむね年齢20歳以上45歳未満の方(男女不問)
    2. 三大都市圏をはじめとする都市地域に現に住所を有する方で、渋川市に生活の拠点を移し、委嘱後すみやかに住民票を異動できる方
    3. 活動期間終了後も渋川市に定住する意思のある方
    4. 心身ともに健康で地域になじむ意思があり、誠実に活動を行うことができる方
    5. 創作こけしに興味があり、行政やこけし産業関係者をはじめとする地域の事業者及び地域住民等とコミュニケーションが図れ、伝統工芸の承継・発展に携わる意欲がある方
    6. 普通自動車免許を有し、実際に運転ができる方
    7. パソコン(ワード・エクセル等)の基本的な操作ができ、WEBやSNS等による情報発信等の基本的な操作ができる方
    8. 法令等を遵守し、公序良俗に反しない行動ができる方
    9. 地方公務員法第16条に規定する欠格条件に該当しない方
  • 募集人数
    1名
  • 勤務地
    渋川市内の創作こけし工房を中心に活動し、研修内容によっては近隣自治体にある工房等で活動していただきます。
  • 勤務時間
    原則、平日の午前9時~午後5時30分(週40時間の範囲内)で、年間240日を上限とし、市が指定した日とします(毎月20日前後を予定)。
    ※状況により、活動開始・終了時刻、活動時間・活動日が変動する場合があります。
  • 雇用形態・期間
    1.地域おこし協力隊として市長が委嘱します。
    2.渋川市との雇用関係はありません。
    ※活動に支障のない範囲において、就業を認めます(事前に届出が必要です)。
    3.任期は原則1年とし、最長で委嘱の日から3年とします。
     ただし、初年度は委嘱の日の属する年度の末までとし、翌年度以降は、原則として年度単位で延長できるものとします。
    4.協力隊員としてふさわしくないと判断した場合は、 委嘱期間中であっても委嘱を取り消すことができるものとします。
  • 給与・賃金等
    活動一日あたり8,300円で算定し、所得税額を差し引いた額を毎月末締め翌月20日に支払います。
  • 待遇・福利厚生
    1.市との雇用関係はありませんので、健康保険料、国民年金等は隊員負担になります。
    2.委嘱期間中の住居は市が用意します(火災保険に、自己負担で加入していただきます。光熱水費、自治会費等は自己負担とします。)。
    3.自家用車借り上げ料(月額上限30,000円(燃料代含む))を支給します。(活動には自家用車をご利用くださいますようお願いします。ただし、任意保険に加入(自己負担)、対人補償は無制限、対物補償は一千万円以上とすることを要件とします。)
    4.パソコン借り上げ料(月額上限5,000円)を支給します。
    5.その他、活動に必要な工具及び材料等については、予算の範囲内で市が用意します。
  • 申込受付期間
    2019年06月01日 ~2019年07月31日
  • 審査方法
    【第一次選考:書類審査】
    下記の書類を郵送または持参してください。
    ●履歴書(市販のもので構いません。必ず写真を貼付してください。)
    ●作文(創作こけし産業に従事することに対する意気込みや思い描く将来像など/形式・文字数不問)
    ●運転免許証のコピー
    ●住民票(本人のみ・続柄及び本籍は不要)
    書類選考の上、結果を文書で通知します。

    【第二次選考:こけし工房での体験及び面接】
    第一次選考の合格者を対象に市内の工房においてこけし制作過程を見学し一部作業を体験していただきます。
    その後、渋川市役所で面接試験を行います。渋川駅に集合し市が用意した車両に乗っての移動となります。
    詳細については、第一次選考結果の通知の際にお知らせします。
    なお、第2次選考試験に要する交通費及び宿泊費等は自己負担となります。

    【最終選考結果の報告】
    最終結果(内定)は第二次選考終了後に文書で通知します。
    着任日は内定者と調整の上、決定します。


    【書類提出先・問い合わせ先】
    〒377-8501 群馬県渋川市石原80
    渋川市役所 産業観光部 商工振興課 産業振興係
    電話:0279-22-2596(直通)/FAX:0279-22-2132(平日8:30-17:00)
    メール:syoukou@city.shibukawa.gunma.jp
  • 備考
    ●協力隊員としてふさわしくないと判断した場合は、委嘱期間中であっても委嘱を取り消すことができるものとします。
    ●活動に供する自家用車は任意保険に加入(自己負担)し、対人補償は無制限、対物補償は一千万円以上とすることを要件とします。
    ●住民票の異動は必ず委嘱日以降に行ってください。それ以前に住所を異動させると応募対象者でなくなり、採用取り消しとなる場合があります。

お問合わせ先

渋川市 産業観光部 商工振興課
377-8501 群馬県渋川市石原80番地
TEL: 0279-22-2596 FAX: 0279-22-2132
URL: http://www.city.shibukawa.lg.jp/