Search 募集情報を探す

日置市地域おこし協力隊『戦国島津マネジメント軍師』募集

新たな歴史の1ページをともに刻もう

‟ちょうどいい田舎”日置市

 鹿児島県の西部、薩摩半島のほぼ中央に位置する日置市。東は鹿児島市、北はいちき串木野市と薩摩川内市、南は南さつま市に隣接し、西は日本三大砂丘の一つである吹上浜を有する東シナ海に面しています。国の伝統的工芸品に指定されている薩摩焼発祥の地として知られる「美山」や鹿児島三大行事の一つ「妙円寺詣り」など、歴史と伝統を受け継ぎ、また都市部から少し離れると豊かな自然に囲まれ、都会でもない田舎でもない“ちょうどいい田舎”ならではの豊かな表情を見せるまちです。

①日置市観光PR武将隊プロジェクトの発足

 日置市は、平成17年5月に4つの町(東市来・伊集院・日吉・吹上)が合併して誕生しましたが、これらの地域を“繋ぐ”ものが「戦国島津」です。各地域に戦国期以降の島津氏(通称「戦国島津」)にゆかりある史跡等があるだけでなく、伝統行事もあります。その代表格が、1600年関ケ原の戦いで“敵中突破”した島津義弘の遺徳を偲び参拝が始まったとされる鹿児島三大行事「妙円寺詣り」です。また、国の伝統的工芸品に指定されている薩摩焼は、島津義弘が朝鮮出兵の際に連れ帰った陶工たちによって生まれ、「美山」は薩摩焼発祥の地として日置市を代表する観光地となっています。

 地域にもしっかりと根付いている「戦国島津」を全国へ発信するために、「“歴史”をより身近に感じられるよう“ストーリー化・ビジュアル化”し、それを“強み”として売り出そう」と発足したのが、【日置市観光PR武将隊プロジェクト】です。 ※プロジェクト概要は、こちらから

②「武将になれるまち」をコンセプトに

 日置市観光PR武将隊プロジェクトでは、「武将になれるまち」をコンセンプトに「ひおきPR武将隊」が広告塔として継続的なプロモーション活動による誘客促進や大小さまざまな事業を実施しながら、認知度向上を目指した観光交流の促進と地域経済の活性化に繋げる取り組みを実施しています。

 令和元年度、本プロジェクトのコンセプトにある「武将になれるまち」を体現できる拠点づくりに着手し、令和2年3月完成しました。

 その名も“戦国島津体験館「よしとし軍議場」”

「よしとし軍議場」は、その名のとおり戦国期の軍議場をイメージした内装で、甲冑着付け体験をはじめ、フォトスタジオ・貸しスタジオとしての利用が可能です。このように、「武将になれるまち」として目的を持って訪れる場所・体験できる場所を作り、一歩づつ着実に戦国エンターテインメント化を進めています。

 場所は、日置市日吉町吉利地区(日置市のほぼ中央)。旧吉利小学校跡地の校庭の一角にあります。(明治維新で活躍した小松帯刀ゆかりの地)

③新たな歴史を

 本プロジェクトをより深化させ、無限大に広がる可能性を探求し、発展させていく上で重要な拠点となる「よしとし軍議場」。そこに常駐する仲間として「戦国島津マネジメント軍師(地域おこし協力隊)」を配置することが決定いたしました。

  自治体による「戦国島津」ブランディング。すべてが挑戦ですが、自治体・地域・軍師が一丸となって取り組むこのプロジェクトをともに歩みましょう。

 2020年・・・新たな歴史の1ページを刻もう!

ひおきPR武将隊

「ひおきPR武将隊」は、職員の自主的な参加により結成され、ボランティアによる観光PR活動を行っています。また、行政内の課を超え、繋ぐハブ的役割を担う活動も積極的に展開しています。

  • 「武活プロジェクト」

・国体推進担当課とのコラボ企画

・ひおきPR武将隊×スポーツ合宿等応援活動

※詳細は順次公開予定

  • 「健活11プロジェクト」

・ひおきPR武将隊×健幸応援活動

※詳細は順次公開予定

募集要項

  • 雇用関係の有無
    あり
  • 業務概要
    日置市では「武将になれるまち」を合言葉に、観光交流の振興と地域経済の活性化を目指し、【日置市観光PR武将隊プロジェクト】を展開しています。
    令和2年3月には、目的を持って訪れる場所・体験できる場所を提供していくため、戦国島津体験館「よしとし軍議場(日置市日吉町吉利地区、観光交流拠点施設)」が完成しました。
    戦国島津マネジメント軍師(地域おこし協力隊員)は、日置市観光PR武将隊プロジェクトの仲間として「よしとし軍議場」に常駐し、以下の業務を担っていただきます。

    ※自走する仕組みの構築を目指し、行政と地域との伴走型による業務遂行を目指します。

    【拠点施設の管理・運営】
    ・施設管理/情報発信
    ・日吉地域内 各地区公民館との連携
    ・日吉地域内 全体の観光推進
    ・日吉地域内 消費促進のための企画/実行
    ・新商品開発(お土産やランチ等)
    【体験型観光の推進】
    ・甲冑レンタル/甲冑着付け体験
    ・チャンバラ合戦(イベント運営型)
    ・甲冑販売(販売手数料の仕組み構築)
    ・日置市観光案内所(アンテナショップ)での旅行商品化(体験型)
    ・体験型コンテンツ開発(地域素材を活用)
    【旅行商品造成・誘客促進】
    ・旅行商品造成(コミッション契約)
    ・周遊させる仕組みづくり
    ・旅行エージェントへの営業活動
    ・広域周遊促進対策(他観光団体等との連携)
  • 募集対象
    (1)年齢20歳以上
    (2)都市住民の方 ※詳細はお問い合わせください。
    (3)普通自動車免許を取得しており、可能ならば自動車もしくはバイクを有している方(購入予定可)
    (4)Word、Excel、インターネットの基本的なパソコン操作ができる方
    (5)地域になじみ、地域住民とともに地域活動に取り組める方
    (6)原則として、吉利地区に住所を移し居住できる方
    (7)起業し定住する意欲のある方
  • 募集人数
    1名
  • 勤務地
    戦国島津体験館「よしとし軍議場」
    住所:鹿児島県日置市日吉町吉利3067-1
  • 勤務時間
    【勤務日】土・日・祝日を含む週4日間(35時間)
    【勤務時間】8時30分~17時00分
    ・打ち合わせ・会合等夜間に出席する場合あり
    ・時間外活動を週5時間程度想定
  • 雇用形態・期間
    隊員の任用期間は、任用の日から令和3年3月31日までとします。(従前の勤務実績に基づく能力の実証により、公募によらない再度の任用を行う場合があります)
    ※着任日は相談に応じます。
  • 給与・賃金等
    報酬 月額161,542円(賞与あり)
  • 待遇・福利厚生
    〇社会保険(雇用保険・健康保険・厚生年金)・労働保険(労災)
    〇住居は市で用意し、市が家賃を一部助成します。(上限4万5千円)
    勤務地近くの教職員住宅(平屋1戸建)を予定
    (鹿児島県日置市日吉町吉利4381-2)
    〇休日は基本週3日※最少活動日数は月17日間
  • 申込受付期間
    2020年05月18日 ~2020年06月30日
  • 審査方法
    (1)第1次選考(書類選考)
     応募書類を下記問合わせ先まで郵送してください(当日必着)。担当者より、電話による聞き取りをする場合があります。
     
     応募書類
     ①履歴書
      日中連絡の取れる連絡先(連絡不可時間帯がある場合併記)・職務経歴記入し、写真貼付のこと。
     ②論文(400字詰原稿用紙2枚以内)
      テーマ「応募理由と、吉利地区で挑戦したいこと」
    (2)第2次選考(日置市にて面接予定)
      詳細は、第1次選考通過者に別途連絡します。
    (3)最終結果
      最終結果は、電話もしくは文書で対象者に通知します。
    ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、選考方法(期日、場所)を変更する場合があります。
  • 参考URL
    日置市観光PR武将隊プロジェクト
    http://hioki-pr-bushotai.com/

お問合わせ先

日置市役所総務企画部企画課 担当:馬場なぎさ・馬塲学
899-2592 鹿児島県日置市伊集院町郡一丁目100番地
TEL: 099-248-9403 FAX: 099-273-3063