Life隊員たちの日常

新着ブログ

ひまわりの里・北竜町(北海道)だより

首都圏から2010年に夫婦二人(54歳)で人口2,200名の北竜町に移住。2013年までの「情報発信で地域おこし」活動記録です。

2013年02月08日

半田晋二郎 気象予報士のご講演「近年の気候変動と農業への影響」(北竜町農業研究会)<その2>

2013年2月8日(金) ◀・・・前編はこちら  ▶ 今日の講演会の目的 北竜町において、10年周期で発生している作況指数100を下回る冷夏年の気象情報について、様々な統計資料、周期的な天候を基に解説。『北海道の気象と農業』(北海道新聞社)に掲載されている資料も引用しながら説明されました。   ▶ 太陽活動の11年周期と北海道の冷夏年 ・太陽の黒点数量が、11年周期で増えたり減ったり...

投稿者 寺内昇&郁子 | コメント(0)
[カテゴリ]  文化・活動

2013年02月08日

半田晋二郎 気象予報士のご講演「近年の気候変動と農業への影響」(北竜町農業研究会)<その1>

2013年2月8日(金) 久しぶりに青空が広がった1月28日(月)、一般財団法人 日本気象協会・半田晋二郎 気象予報士を講師に迎え「近年の気候変動と農業への影響~冷夏年の出現サイクルについての検討~」と題する講演会が、JAきたそらち北竜支所(北竜町)で開催されました。 北竜町農業研究会(小野敏 会長)の主催による営農研修会で、北竜支所2階の会場には、30人以上の関係者が集まり、熱心に耳を傾けました...

投稿者 寺内昇&郁子 | コメント(0)
[カテゴリ]  文化・活動

2013年01月28日

若手女性農業者グループ「きら☆そら」が、月刊農業雑誌『ニューカントリー』の取材を受けました

2013年1月28日(月) 久しぶりに太陽が顔をだし、マイナス10度を遥かに下回る気温。 空気中のダイヤモンドダストが、キラキラと輝いた1月24日(木)、「生産者がつくる愛食料理コンテスト」で優秀賞を受賞した「きら☆そら」の2グループ(タルトチーム、ピタパンチーム)が、月刊農業雑誌『ニューカントリー』の取材を受けました。 『ニューカントリー』は、株式会社 北海道協同組合通信社(デーリィマン社・札幌...

投稿者 寺内昇&郁子 | コメント(0)
[カテゴリ]  黒千石大豆

2013年01月23日

平成24年度「生産者がつくる愛食料理コンテスト」で北竜町の2チームが優秀賞を受賞!<その5>

2013年1月23日(水) ◀・・・前編はこちら   ▶ 喜び溢れる生産者・審査委員・応援の皆さん 参加された皆さんの思いっきりやり遂げた満足感と安心感、受賞された嬉しさと感動の笑顔いっぱいです。            ▶ 若手女性農業者グループ「きら☆そら」   今回参加された、若手女性農業者グループ「きら☆そら」(深瀬アユミ 代表・北竜町)は、2011年春に...

投稿者 寺内昇&郁子 | コメント(0)
[カテゴリ]  黒千石大豆

2013年01月23日

平成24年度「生産者がつくる愛食料理コンテスト」で北竜町の2チームが優秀賞を受賞!<その4>

2013年1月23日(水) ◀・・・前編はこちら   ▶ 参加賞を受賞された作品      ★ 左:溝口めぐみさん(深川市):なすとベーコンの和風黒米ぱすた・黒米プリン ★ 中:豊正FAM協議会ふれあい室(岩見沢市):大地の星ピラフのカレー添え~落花生トッピング~ ★ 右:佐藤文子さん(美幌町):坊ちゃんかぼちゃの肉みそドリア       ★ 左:松...

投稿者 寺内昇&郁子 | コメント(0)
[カテゴリ]  黒千石大豆

プロフィール

お名前:
寺内昇&郁子
活動地域:
北海道雨竜郡北竜町(うりゅうぐん ほくりゅうちょう)
趣味 :
幸せの黄色いコペン・ひまわり号で北海道中をドライブ
地域おこし協力隊員へ応募を考えている方へ一言:
町の宝物さがしの情報発信は、感動そのものです。人生を賭けるやりがいに満ちています

アーカイブ

2017年09月 次の月へ