Search募集情報を探す

島暮らしと島仕事、同時にはじめませんか?着任日選べます!! 対馬市島おこし協働隊員を募集します!

長崎県対馬市

  対馬市は、九州と朝鮮半島の間に「飛び石的」に位置する国境の島です。朝鮮半島とは49.5kmと近く、天候の条件がよければ肉眼で朝鮮半島を望むことが出来ます。その近さから、ツシマヤマネコ(絶滅危惧IA類)をはじめ日本本土では見られない希少野生動植物が数多く存在します。また、古くから大陸文化の玄関口としての役割を果たしてきました。1607年から1811年の間には朝鮮通信使が12回来島し、豊臣秀吉の朝鮮出兵以降断絶していた両国の国交回復に大きな役割を果たしました。平成29年10月にはその朝鮮通信使に関する記録がユネスコ「世界の記憶」に登録されました。

 韓国展望所から見たプサンの夜景

 資源豊富な対馬市でも、歯止めのかからない人口減少や少子高齢化により、雇用・教育・医療・福祉・交通機会の喪失など数多くの問題が顕在化しています。

 

 そのような現状を打破すべく、今回水産、なりわい、地域医療、教育、観光、移住の各分野で8名の協力隊、「島おこし協働隊」を募集します。現在全国各地出身の4名の隊員が活躍しています。

  

 国境の島対馬では、現在韓国人観光客が年々増加傾向にあり、平成29年は年間約36万人の観光客が対馬を訪れました。対馬市の人口は約3万1千人ですので、実に人口の10倍以上のインバウンド観光客が対馬へ訪れた事になります。このような自治体は全国でもあまり類を見ないと考えられます。このような流れから対馬市内にも大型ホテルや免税店の建設が相次いでいます。

 

 また、平成29年4月に施行された「有人国境離島法」に関連した創業・雇用拡大事業による補助金など追い風が吹いている状況にあり、協力隊退任後の定住・創業を考えられる方には良い環境になりつつあります。これまでに対馬市島おこし協働隊を退任した方が17名いらっしゃいますが、そのうち8名は市内に定住し様々な分野で起業しております。

 

 対馬市では地域おこしや島暮らし等に関心を持ち、島おこし協働隊員として文字通り私たちと協働していただける方を求めています。皆さまからの熱意あふれるご応募心よりお待ちしております。

 

募集要項

  • 雇用関係の有無
    あり
  • 業務概要
    (1)海の森再生支援担当
     海の森再生支援事業として、海の森(藻場)を再生することで漁業者が安心し、安定的に暮らせる経営基盤を築くとともに、若者が島で漁業を営み暮らせる環境とその魅力をづくりを目的とします。

    (2)コミュニティナース
     予防、助け合いの活動の仕組み作り、医療に従事する人材を確保するための仕組み作り、在宅医療提供体制の構築を専門的な知識、外部の視点を活かしながら支援することを目的とします。

    (3)教育コーディネーター
     教育コーディネーターとして、対馬南部における「こども対馬未来塾」の運営や指導、総合学習の支援等に取り組んでいただきます。

    (4)学生研究員
     学生研究員として、学生のフレッシュな感性や行動力、外部からの視点、そして大学の専門性等を活かし、地域の実情に即した調査研究や、地域課題解決のためのサポート等に取り組み、持続可能な社会の実現に向け貢献していただきます。

    (5)なりわいづくりプランナー
     対馬の魅力を発信する1つのアイテムとして対馬産品を効果的に発信しながら、対馬の資源を活用した新たな対馬産品づくりを目指すため、(一財)対馬地域商社と関連事業者とのパイプ役を担っていただきます。

    (6)対馬観光ディレクター
     対馬の観光資源について調査を行い、わかりやすく適切に編集し、Web・SNSを活用して情報発信を行っていただきます。調査した観光資源から新たな体験メニューの発掘・商品化を実施し「魅力ある観光地づくり」を目的とします。
     また、IT技術に疎い観光・物産事業者の情報発信を支援・補完し、島外の利用者・消費者と結びつけることにより、観光消費を伸ばし、観光客の満足度向上に貢献していただきます。

    (7)しまぐらしコーディネーター
     対馬市「しまぐらし応援室」と連携し、U・Iターン施策の推進に協力いただきます。特に島内の空き家の利活用を進め、対馬市空き家バンク制度の充実とその情報を的確に移住希望者へと発信していただきます。自らも移住者という立場から、移住を考えている方の良き相談相手になっていただきたいと思います。
  • 募集対象
    【共通】
    ・過疎・山村・離島・半島地域以外の都市地域に住民票がある方で、自然や文化が色濃く残る島社会への移住を希望し、対馬市に住民票を移動できる方
    ・環境保全や離島振興など、社会貢献度が高く使命感に溢れる職種を希望する方
    ・ソーシャル・ビジネスやコミュニティ・ビジネスに関心のある方
    ・積極的に島社会に入り込み、地域活動をともにできる方。住民等と十分にコミュニケーションが取れる方
    ・自ら情報を収集・分析し、企画立案・実践活動できる方
    ・普通自動車運転免許を所持し、実際に運転できる方
    ・パソコンやメールなど一般的な操作ができる方
    ・地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない方

    【担当別】
    (1)海の森再生支援担当
    ・高等学校又は大学等で自然科学系(理学部系統、水産学部系統)の科目を履修し卒業した方
    ・過去に藻場、海藻類関係の調査・研究に従事したことがある方

    (2)コミュニティナース
    ・看護師免許を取得している方(準看護師免許可)
    ・農業などの一次産業と「健康」「予防」の関連について知識がある方または、関心を持っている方

    (3)教育コーディネーター
    ・任期終了後、教育関係の進路を志望する若者で、そのために、学校とは異なる教育現場での実務経験を積みたいと考える方
    ・教員免許を有し、学校教育や学習塾など教育現場経験がある方が望ましい

    (4)学生研究員
    ・対馬に関する研究や、データや研究に基づく実践活動を志向する学生
    ・社会調査法(アンケート、インタビュー等)、統計学等、データ関係の大学講義を受講し、データに基づき、課題や政策提案できる学生
    ・地域に溶け込み、信頼関係を築きつつ、調査研究や実践活動できる学生
    ※休学せずとも学生業との兼業は可能です。まずご相談ください

    (5)なりわいづくりプランナー
    ・情報発信(SNS等を含む)や情報発信のための企画立案ができる方
    ・島内生産者との対話に必要なコミュニケーション能力や協調性を有する方

    (6)対馬観光ディレクター
    ・表現力、行動力、社交性を兼ね備えた熱意のある方
    ・大学・専門学校等で観光学を学んだ経験がある方又は、旅行業及び観光業に係る業務に従事した経験がある方
    ・SNS・ブログ・Webサイト等の技術・運営経験がある方

    (7)しまぐらしコーディネーター
    ・地域へ積極的に溶け込めるコミュニケーション能力を有した方
    ・空き家バンク物件の充実に熱心に取り組める方
    ・リフォーム、リノベーション等に興味のある方
  • 募集人数
    島おこし協働隊員 8名
       うち、海の森再生支援担当      1名
          コミュニティナース      2名
          教育コーディネーター     1名
          学生研究員          1名
          なりわいづくりプランナー   1名
          対馬観光ディレクター     1名
          しまぐらしコーディネーター  1名
  • 勤務地
    (1)海の森再生支援担当
      (勤務地・所属課:対馬市厳原町・農林水産部水産課)

    (2)コミュニティナース
      (勤務地・所属課:対馬市厳原町・地域包括ケア推進課)

    (3)教育コーディネーター
      (勤務地・所属課:対馬南部・しまづくり推進部しまの力創生課)

    (4)学生研究員
      (勤務地・所属課:対馬市厳原町・しまづくり推進部しまの力創生課)

    (5)なりわいづくりプランナー
      (勤務地・所属課:対馬市厳原町・しまづくり推進部しまの力創生課)

    (6)対馬観光ディレクター
      (勤務地・所属課:対馬市厳原町・観光交流商工部観光商工課(対馬観光物産協会))

    (7)しまぐらしコーディネーター
      (勤務地・所属課:対馬市厳原町・しまづくり推進部しまの力創生課)
  • 勤務時間
    週30時間
  • 雇用形態・期間
    島おこし協働隊
    ・雇用形態・身分…地方公務員特別職として対馬市長が委嘱(平成32年の地方公務員法の改正により変更となります。)
    ・雇用期間…着任日~平成31年3月31日(年度ごとに更新、着任日から最長3年間まで延長可)
  • 給与・賃金等
    月額19万円
    割増報酬あり(対馬市嘱託職員管理要綱に準じて支給)
  • 待遇・福利厚生
    ・手当等…住宅手当(最大27000円まで実費支給)・通勤手当あり。その他手当はありません
    ・社会保険…健康保険、厚生年金、雇用保険に加入
    ・その他…活動に必要な車両、パソコンは貸与
  • 申込受付期間
    2018年03月19日~2018年08月20日
  • 審査方法
    (1)第一次選考(書類選考)
     書類選考の上、各応募〆切日の属する月の月末までに結果を応募者全員に文書で通知します。

    (2)第二次選考(面接)
     第1次選考合格者を対象に各応募〆切日の属する月の翌月上旬に面接(現地対馬あるいは東京を予定)を行います。応募状況、選考状況に応じてスカイプ等でのWeb面接となる場合もあります。面接方法等詳細につきましては第1次選考結果を通知する際にお知らせいたします。選考結果(内定)は、面接後数日中に文書で通知します。
    ※応募にかかる経費(書類申請・面接・Web面接となる場合はマイク等の備品)はすべて応募者の負担となります。

    ※選考の経過及び結果についての問い合わせには応じられませんので予めご了承下さい。
    ※不合格者の応募書類は全て本人に返送いたします。

    【申込み・問い合わせ先】
    〒817-8510 長崎県対馬市厳原町国分1441番地
    対馬市 しまづくり推進部しまの力創生課「島おこし協働隊員公募係」
    (担当:前田・崔)
  • 参考URL
  • 備考
    【その他】
    ・募集に関する問合わせは、メール又はファックスで行うこと。電話での質問は受付けません。
    ・質問に対する回答は、質問者にメール又はファックスで回答します。
    ・採用決定後、引越にかかる経費支援はございません。住居等、島暮らしのための準備のお手伝いはいたします。
    詳しくは参考URL内募集要項を御参照下さい。

お問い合わせ先

前田・崔
〒817-8510 長崎県対馬市厳原町国分1441番地(しまの力創生課内 島おこし協働隊事務局)
TEL:0920-53-6111 (代表) FAX:0920-53-6112
URL:http://www.city.tsushima.nagasaki.jp/