Search募集情報を探す

地域おこし協力隊募集!(10人)【新潟県三条市】 【応募受付は終了しました】

新潟県三条市

 新たな才能求ム!

地域おこし協力隊募集!(10人)

○スポーツ分野 4人程度

 ▶スポーツクラブの運営などスポーツビジネスに関心のある方。

  NPOが取り組むサッカー等のスポーツ教室でコーチを担当し、地域の子供たちの育成とスポーツ環境の充実を目指します。また、新たに立ち上げを予定しているフットサルチームの選手としてFリーグ入りを目指します。

○半農半X 4人程度 

 ▶【農業とその他の活動で生業を作りたい方】

 農業と自身の天賦の才をいかした活動を並行して行うことで、自己実現を図りながら、収入の確保と地域貢献を目指します。

 現在活動している協力隊員の「X」の具体例として、以下のようなものがあります。 

 (1)   NPOと三条市が連携し実施している滞在型職業訓練施設「しただ塾」(求職者支援制度を活用し、下田地域に住みながら職業訓練を実施するもの)の運営

 (2) 古民家を活用した観光コンテンツの企画

 (3) 建築の知識をいかした空間デザインの提案    など

 ▶ 【地域資源活用ビジネスに興味ある方】

 農業に関わりつつ、スローフードを基本とする農業6次産業化など、下田地域の資源を活用したビジネスの創出、及び既存ビジネスの拡大を図りながら、収入の確保と地域貢献を目指します。

 現在計画中又は実施している事業の具体例として、以下の事業などがあります。

  (1)   下田地域に約500年前から伝わる「大谷地和紙」の技術を継承し、和紙を活用した新商品開発、販路開拓などを行い、収益の確保と下田地域を代表する観光コンテンツの構築

 (2)   地域の逸品づくり第一弾、下田産芋焼酎「五輪峠」の販路開拓、スピンオフ商品の開発    など 

 ○地域おこし研究員 2人程度

 ▶ 慶応義塾大学SFCと連携し、「スポーツまちづくり」をテーマに地域課題についての調査研究を行い、研究結果を地域に還元します。(慶應義塾大学SFCの大学院生であること又は採用段階において、大学院入学見込みであることが条件です。) 

 

 

 

 

 三条市の嘱託員として雇用

 社会保障、年金加入あり

 家賃完全保証(男女別のシェアハウスでの共同生活)

 活動中は公用車等の備品貸与

 定住に向けた副業も積極的にサポート

隊員の活動拠点、旧荒沢小学校

 

 

 

三条市下田地域について

下田地域は、同じ新潟県内にあるお米の一大産地、魚沼地方と気候風土が非常に似ています。

粟ヶ岳や守門岳といった越後山脈を背景に、信濃川水系の五十嵐川が中央を流れる大自然の宝庫。

春と秋は木々の緑や清流のせせらぎや小鳥たちの鳴き声など、この世の楽園とも思えるほど素晴らしい自然環境に心癒されます。

人気のアウトドアブランド、スノーピークの本社もすぐ近くにあるなど、大勢のキャンパー、サイクリングを楽しむ人が全国から集まります。

 

 

 

募集要項

  • 雇用関係の有無
    あり
  • 業務概要
    三条市と連携して活動を行っているNPO法人ソーシャルファームさんじょうが取り組む、下田地域の活性化事業に従事しつつ、自らが三条市に移住・定住するための生業(なりわい)につながる活動をしていただきます。
    【スポーツ分野】 4人程度
     スポーツクラブの運営などスポーツビジネスに関心のある方。
    NPOが取り組むサッカー等のスポーツ教室でコーチを担当し、地域の子供たちの育成とスポーツ環境の充実を目指します。また、新たに立ち上げを予定しているフットサルチームの選手としてFリーグ入りを目指します。

    【半農半X】 4人程度
     -農業とその他の活動で生業を作りたい方-
     農業と自身の天賦の才をいかした活動を並行して行うことで、自己実現を図りながら、収入の確保と地域貢献を目指します。
     現在活動している協力隊員の「X」の具体例として、以下のようなものがあります。
     (1) NPOと三条市が連携し実施している滞在型職業訓練施設「しただ塾」(求職者支援制度を活用し、下田地域に住みながら職業訓練を実施するもの)の運営
     (2) 古民家を活用した観光コンテンツの企画
     (3) 建築の知識をいかした空間デザインの提案  など

     -地域資源活用ビジネスに興味ある方-
     農業に関わりつつ、スローフードを基本とする農業6次産業化など、下田地域の資源を活用したビジネスの創出、及び既存ビジネスの拡大を図りながら、収入の確保と地域貢献を目指します。
     現在計画中又は実施している事業の具体例として、以下の事業などがあります。
     (1) 下田地域に約500年前から伝わる「大谷地和紙」の技術を継承し、和紙を活用した新商品開発、販路開拓などを行い、収益の確保と下田地域を代表する観光コンテンツの構築
     (2) 地域の逸品づくり第一弾、下田産芋焼酎「五輪峠」の販路開拓、スピンオフ商品の開発  など

    【地域おこし研究員】 2人程度
     慶應義塾大学SFCと連携し、「スポーツまちづくり」をテーマに地域課題についての調査研究を行い、研究結果を地域に還元します。(慶應義塾大学SFCの大学院生であること又は採用段階において大学院入学見込みであることが条件です。)
     ※以下の採用条件、勤務条件等は、地域おこし協力隊に準じます。
  • 募集対象
    【応募条件】
     [1]18歳以上の方(平成30年4月1日現在)
     [2]生活の拠点を三条市に移して住民票を異動できる方
     [3]過疎地域の活性化に意欲があり地域住民と協力し合える方
     [4]地域特性や風習を理解して積極的に親睦を図れる方
     [5]協力隊任期終了後も三条市に定住意思がある方
     [6]心身ともに健康で誠実に職務を行える方
     [7]普通自動車運転免許取得者、もしくは取得意思がある方
     [8]1年以上、最長3年間勤務を継続できる方
  • 募集人数
    計10人
  • 勤務地
    旧荒沢小学校
     杉の木の温もりが優しい、廃校とは思えない近代的な建物です。体育館、グラウンドなどのスポーツ関連施設はもちろん、ワークショップやアート展、音楽活動、調理実習に活用できる部屋も充実しています。
  • 勤務時間
    [1]勤務日数/週5日間
    [2]勤務時間/原則、午前8時30分から午後5時
     (1日7時間30分勤務、昼休憩1時間)
  • 雇用形態・期間
    (1)三条市の嘱託員として三条市長が委嘱します。
    (2)初年度の委嘱期間は勤務開始日から平成31年3月31日まで。
    *勤務開始日については、相談に応じます。
    *次年度以降は年度毎に委嘱できるものとし、最長3年間(例:平成30年4月1日採用であれば平成33年3月31日まで)とします。
    (3)協力隊員としてふさわしくないと判断した場合は雇用期間中であってもその職を
    解くことができるものとします。
  • 給与・賃金等
    月額168,200円
    ※その他、賞与等を支給します。
  • 待遇・福利厚生
    [1]勤務時間中は公用車等の備品を貸与
    [2]活動に関連して出張などが発生した場合は旅費を支給
    [3]住居は三条市が用意する住宅(無償)
     ※水道光熱費のみ個人実費負担
    [4]「健康保険」「厚生年金」「雇用保険」等の社会保険に加入します。
  • 申込受付期間
    2018年02月15日~2018年03月02日
  • 審査方法
    <選考の流れ>
    まずは下記よりご応募・お問合せください。
     ↓
    面接前日ガイダンス(宿泊)
     ↓
    面接
     ↓
    採用

    ・応募者は全員面接いたします。
    ・取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。
    ・選考プロセスは変更になる可能性があります。
    ・不採用理由についての問合せにはお答えできませんのでご了承ください。

    <提出書類>
    ①履歴書 ※市販のもので構いません。
    ②作文(原稿用紙で800文字以内)
     テーマ/「◯◯◯」を通して実現したい、わたしの夢
     ※「◯◯◯」に自分が得意とするジャンルを入れてください。
     ※協力隊の活動を通じて何をしたいのかという「志(こころざし)」、その志を実現できる裏付けとなる経験・能力などの「実力」、志を実現していく「ビジョン」についてできるだけ具体的にお書きください。

    応募先
    〒955−8686
    新潟県三条市旭町二丁目3番1号 三条市 市民部 地域経営課
    「地域おこし協力隊募集」係
  • 参考URL
    三条市ホームページ-地域おこし協力隊募集
    http://www.city.sanjo.niigata.jp/chiikikeiei/chiikiokoshi.html
  • 備考
    ※地域おこし協力隊メンバーの活動の見学はいつでもお受けしますので、ご連絡ください。また、面接に併せて、メンバーが生活する住居の見学や生活体験も可能ですので、希望があればお伝え下さい。

お問い合わせ先

市民部地域経営課 佐藤、田村
〒955-8686 新潟県三条市旭町二丁目3番1号
TEL:0256-34-5646 FAX:0256-33-5732
URL:http://www.city.sanjo.niigata.jp/