JOIN ニッポン移住・交流ナビ

田舎暮らし特集

  • TOP
  • 隊員向けQ&A 1
  • 隊員向けQ&A 2
  • 自治体向けQ&A

Q1.どんな地域で受け入れがされているの?

平成26年度時点で、
444の自治体で1,511名の隊員が受け入れをされています。
隊員のうち4割は女性で、約8割が20~30代の若者となっています。

Q2.自分たちの自治体は受け入れできる?

隊員向けQ&AのQ2のとおり、さまざまな条件があります。
詳しくは以下のPDFをご参照ください。

Q3.活動を始めてもらうまでどうすればよい?

募集から活動までの一連の流れの中で、地域要件などの協力隊に係る諸条件の確認のほか、スムーズに活動を開始できるよう事前のバックアップなどに留意することが、円滑な運営のポイントとなります。

地域おこし協力隊〜活動までの基本的な流れ〜

  1. 1.予算措置
  2. 2.実施要項の作成
  3. 3.協力隊の募集
  4. 4.選考・面接
  5. 5.協力隊の決定
  6. 6.事前説明・準備
  7. 7.委託手続き
  8. 8.いよいよ活動開始!

Q7.募集の案内はどうすれば?

地域おこし協力隊のオフィシャルサイトで、募集の案内を出すことができます。
さまざまな自治体が、詳しい募集概要のほか、地域の魅力が伝わる写真やPR文章を盛り込んで、協力隊員を募集しています。
隊員希望者登録システムを活用して、登録した希望者にメールで勧誘することもできます。積極的にご活用ください。

注:地域おこし協力隊サイトのアカウントはJOINのアカウントとは別です。IDとパスワードをお忘れの方は、「ログイン」→「パスワードを忘れた方のお問い合わせはこちら」から、フォームに入力して問い合わせください。

他にも、自治体などのサイト、広報誌などで募集案内を広く出したり、SNSや人づてに良さそうな人を紹介してもらうのも思いのほか効果的なようです。
募集する自治体が増えていますので、ぜひ他とは違う魅力的な内容をご用意ください。

Q5.うまくいかなかったらどうしよう?成功の秘訣は?

初めて受け入れる協力隊員。隊員の個性を十分に生かしてあげられるかは、自治体の職員が隊員としっかりとコミュニケーションをとって、意思疎通できるかで決まります。協力隊員の話を聞く、町の人と交流しやすくしてあげる、首長とも話す機会を設ける、隊員の情報発信をどんどん応援してあげる。個性豊かな隊員の特色を生かせるように、うまくサポートしてあげてください

良くある失敗 はいわゆるルーチンワークのお願いだけになってしまって、隊員が面白みを感じられなくなってしまうこと。時には思いっきりやらせてみるのも手かもしれません。期間が終了した時に、次につながるようなはっきりとした成果ができるように、目的を見失わずに隊員とともに歩んでください。

Q6.隊員が起業したいと言っているけれど、何かいい制度はない?

平成26年度から、地域おこし協力隊推進要綱が一部改正され、協力隊最終年次または任期終了翌年の起業する者の起業に要する経費として、1人あたり100万円上限に特別交付税措置が適用になりました。起業に必要な設備費や備品費、法人登記に要する経費などをサポートしてあげてください。

  • TOP
  • 隊員向けQ&A 1
  • 隊員向けQ&A 2
  • 自治体向けQ&A
  • ※2015年1月執筆

ページトップへ