JOIN ニッポン移住・交流ナビ

地域の魅力

群馬県

県の魅力

「からっ風」で知られる群馬県は、日照時間の長さは日本トップクラスの、晴れの日が多い地域です。東京から近いにもかかわらず、冬はスキー、夏は登山やラフティング、そして、利根川の源流や日本を代表する湿地・尾瀬など、豊かな自然が残っています。また、草津や四万、伊香保、水上など、数多くの有名温泉地を抱えており、観光客のみならず、地元住民にも愛されています。

観光

日本三大名湯の草津温泉は、自噴する温泉としては、日本最大の湧出量を誇る。

特産品

群馬県の上質な小麦を原料としたまんじゅうを竹串に差し、味噌をぬって焼いた焼きまんじゅうは、行事には欠かせない上州の風物詩のひとつ。

市区町村一覧

お知らせ

群馬県の移住情報発信サイト「ぐんま暮らしポータルサイト」を開設しました。

ぐんま暮らしポータルサイト(外部リンク)


 「ぐんまでちょうどいい暮らし。ぐんまでちょっといい暮らし。」

群馬県では、このキャッチフレーズのもと、移住を促進しています。

 県土の3分の2が丘陵山岳地帯であり、山、湿原、湖沼、河川などの豊かな自然がある一方、県の南部には関東平野が広がっており、山村地域での田舎暮らしから街での暮らしまで様々な生活スタイルが実現可能です。 それぞれが思い描く「ちょうどいい暮らし」を群馬県で探していただき、その結果、趣味の充実や、家族との団らん等「ちょっといい暮らし」をおくることができる、といった意味を込めています。

 「ぐんま暮らしポータルサイト」では群馬県への移住を考えている方を対象に情報提供を行っています。 ぜひ御覧ください。

移住・就職相談窓口「ぐんま暮らし支援センター」を開設しました。

 平成27年4月に、東京・有楽町のNPOふるさと回帰支援センター内に「ぐんま暮らし支援センター」を開設しました。
 専門の相談員がワンストップで相談に応じますので、移住をお考えの方は、ぐんま暮らし支援センターまで
お気軽にご相談下さい。
【場所】
 東京都千代田区有楽町2-10-1
 (東京交通会館8階 ふるさと回帰支援センター内)
【営業時間】
 10時00分~18時00分(火~日曜日)
 (祝日、夏期休暇、年末年始を除く。)

 都合により相談員が不在の場合もあるため、事前にご予約いただくと確実です。
 (注)就職相談については、原則、電話での事前予約をお願いします。
【問合せ先】
 電話 080-8870-2756(移住) 03-6256-0440(就職)

群馬県ホームページ:移住相談窓口「ぐんま暮らし支援センター」(外部リンク)

群馬県内市町村 移住・定住支援施策一覧を公開しました

群馬県内の市町村で実施している、定住・子育て支援、住宅支援、農村体験や就農支援等の移住・定住支援施策のとりまとめを行いました。
群馬県への移住に興味のある方、具体的に移住を検討している方はぜひご活用ください。詳しくは群馬県のホームページをご覧ください。

群馬県ホームページ:「移住・定住支援制度のご案内」(外部リンク)

群馬の田舎暮らしは「ぐんまでふるさとづくり・仲間づくり」から

群馬県は、日本列島のほぼ中央にあって、県西・県北の県境には山々が連なり、南東部には関東平野が開ける内陸県です。県土の約3分の2が丘陵山岳地帯で、面積は6363平方キロメートル、その大きさは全国で21番目です。

地形は上毛かるたに「つる舞う形の群馬県」とうたわれるように空に舞う「つる」の形によく似ています。

2000メートル級の山岳、尾瀬などの湿原、多くの湖沼、吾妻峡をはじめとする渓谷や利根の清流など、変化に富む美しい大自然にめぐまれています。

豊かな自然のほかにも、明るく開放的で人情味あふれる県民性も魅力のひとつです。また、伝統文化の継承、自然環境の保全や人材の育成など様々な地域づくり活動も盛んな場所です。

群馬県では地域の人々と一緒になって地域づくり活動を応援してくれる方、地域の中で自分の趣味を楽しみたい方をお待ちしています。地域の仲間たちとのつながりの中にあなたの居場所を見つけてみませんか。

そんな「居場所」をあなたの「ふるさと」として、ぐんまでの田舎暮らしを楽しんでください。

法人会員・JOIN事務局発信

ページトップへ