くまの棲むまち
★都会脱出物語★
photo


夢の田舎暮らしは「夢」?

photo
移住のための下見に来られる方が増えたかな?と最近になって感じています。
 
昨年夏に下見に訪れたS君24歳は、同年秋11月に移住を果たしました。移住者のための助成金を受けて、地元企業で働きはじめましたが、職場環境が合わないとのことで、改めて職場探しを始めました。
 
 幸い、クマの牧場で名高い「くまくま園」に採用が決まったようです。ご本人は阿仁地区暮らしたいという希望を持っていましたので、願ったり叶ったりです。久しぶりに会ってお話を伺っているうちに、実は仮採用で期間は11月までの半年間とのことでした。 本採用されるかどうかは11月になってから決定されるという事でした。
 
どうか本採用になるようにと、激励して別れました。

 ただ若干気になっていることがあります。ご本人は若く独身。こちらでの住まいはJRの駅に近いマンション。家賃は35,000円。そして新しい職場までは50kmほど離れていますので、ガソリン代が相当かさみます。食費や保険その他の支出を考えると、毎月ギリギリか悪くすれば赤字が続くようなことも仰っていました。

 これまで移住された何人かの方と交流がありますが、皆さん生活するための収支をしっかり計算した上で、田舎暮らしを楽しんでいるようです。しかし、S君の場合は、この辺に甘さを感じてしまいます。夢を壊さないようにアドバイスするのですが、夢を夢で終わらせること無く、実現させるためには、それなりの覚悟も必要です。 
 
 地元の人々は、移住してくる人は歓迎していますが、しっかりビジョンを持って移住してきたのかを見ています。
 
 夢の田舎暮らしが「夢」で終わることの無いように、事前の準備と収支の計算を万全にして移住のプランを立てて頂きたいと感じています。
 
★写真は映画「君の名は」のシーンそっくりの駅。秋田内陸縦貫鉄道の前田南駅です。