JOIN ニッポン移住・交流ナビ

お仕事情報 詳細

  • 山形県
  • 山形県 庄内町
  • 【山形県庄内町】<清流の里 立谷沢地区> 食で地域おこし隊〔food director〕1名募集!【平成30年4月着任】 ★庄内町では先輩隊員4名が活躍中!・・・6次産業化と人を呼ぶ仕組みづくりのため、一緒に立ち上がってくれませんか?(平成30年1月31日締切)

【山形県庄内町】<清流の里 立谷沢地区> 食で地域おこし隊〔food director〕1名募集!【平成30年4月着任】 ★庄内町では先輩隊員4名が活躍中!・・・6次産業化と人を呼ぶ仕組みづくりのため、一緒に立ち上がってくれませんか?(平成30年1月31日締切)

記事掲載日: 2017年12月18日

山形県の母なる川・最上川と平成の名水百選認定・立谷沢川の合流点から、立谷沢川に沿って月山へと続く立谷沢地区
山形県の母なる川・最上川と平成の名水百選認定・立谷沢川の合流点から、立谷沢川に沿って月山へと続く立谷沢地区
地域の伝統食・笹巻の商品化試作
地域の伝統食・笹巻の商品化試作
庄内町地域おこし協力隊の先輩たち
庄内町地域おこし協力隊の先輩たち

~おかえり、やさしい 心のふるさとへ~

ふるさとを愛する住民のみなさんは、あなたの勇気と元気を待っています!

庄内町は、空路、鉄路、道路のアクセス環境が程よく、都市的利便性と豊かな自然が共存する人口2万人のまちです。

その中でも、立谷沢川流域の立谷沢(たちやざわ)地区は、人口600人足らずの穏やかな清流の里。どこか懐かしい心洗われる美しさと、修験道に深い縁をもつ数々の伝説、祈りの歴史文化が息づいています。

一方で、多くの中山間地域が悩んでいる人口減少や、働く場の不足、収益を確保する方法の不足など様々な課題を抱えています。

新しい魅力、価値、生業を生み出し、希望を描いていくために、ともに挑戦し盛り上げてくださる方の応募をお待ちしています!!

募集概要
仕事概要 【活動目標】
庄内町立谷沢地区における地域農林水産物を活用した6次産業化システムの構築と、地域に人を呼び込む仕組みづくりを通して、当地区における所得向上と雇用創造、移住定住を実現し、立谷沢を選ばれる地域ブランドにする。

(1)食で地域おこし隊【food director】
    ~地場の「食」の力で、地域の元気を3倍増しする~
 ・農産加工品の特産品化、原材料確保、衛生・生産・出荷管理、販
  路拡大
 ・活動拠点となる(仮称)立谷沢川流域活性化センター工房(加工
  場)の運営管理(利用拡大、利用者組織運営、利用受付、利用調
  整など)
 ・立谷沢出張所でのカフェ(イベントなど)運営<改修整備工事完
  成後のH31年度~>
 ・農林水産物や食文化、技術、後継者の見える化(いつどこで何が
  採れるか、誰がどのように収穫や栽培しているかなどを写真や文
  章、動画でデータ化する「(仮称)食の暦」作成) 等
(2)デザインで地域おこし隊【life design director】
    ~「デザイン」の力で、商品と地域の魅力を3倍増しする~
 ・商品の付加価値を上げるネーミング・ロゴ・包装・容器の制作や
  選定
 ・活動拠点となる(仮称)立谷沢川流域活性化センター交流ホール
  の運営管理(利用拡大、利用調整など)
 ・WEBや紙媒体、写真、動画、マスコミなどを活用した広告宣伝の展
  開
 ・大学や異業種、老若男女、地域文化、他地域をつないだ食やアー
  ト、ファッション、音楽などのイベント開催、大学のサテライト
  教室やサテライトオフィスの誘致
 ・人、歴史文化、自然、空家などのデータ化と発信(地域資源の見
  える化) 等
★共通ミッション【到達目標】
・地域の組織やグループ、町関係課や新産業創造協議会、観光協会、
 企業、学校など多様な組織団体と連携し、地域おこし活動の効果を
 高める。
・全員、食品衛生責任者と防火管理者の資格を取得する(講習受講で
 可。町が講習費用を負担します)。
・加工特産品化20品目、移住定住者20人を実現する。
・工房利用者やなかまと企業組合などの地域商社を設立し、立谷沢で
 自分自身が生活できる基盤をつくる。
応募資格 (1)応募時点で年齢が20歳以上の方
(2)現在お住まいの地域要件
     詳しくは、総務省の地域おこし協力隊ホームページ掲載
     「特別交付税措置に係る地域要件確認表(平成29年4月1日
     現在)」をご参照ください。
     その確認表の本町の欄中、「転出地別の特別交付税措置の
     適否」欄に○または△が付いている市町村または地域にお
     住いの方が募集対象となります。ご不明な点は下記お問い
     合わせ先までご照会ください。
 ①現在、3大都市圏内の都市地域もしくは一部条件不利地域のうち
  条件不利区域以外の区域、または政令指定都市に居住している方
  で、地域おこし協力隊員として庄内町に生活の拠点を移し、委嘱
  日以降に住民票を異動できる方
 ②現在、3大都市圏外の都市地域および一部条件不利地域のうち条
  件不利区域以外の区域に居住している方で、地域おこし協力隊員
  として庄内町に生活の拠点を移し、委嘱日以降後に住民票を異動
  できる方
 ③現在、3大都市圏内の条件不利地域もしくは3大都市圏外、また
  は特定の政令指定都市以外(さいたま市、千葉市、横浜市、川崎
  市、名古屋市、大阪市、堺市、神戸市以外)の政令指定都市に居
  住している方で、かつ地域おこし協力隊員であった方(同一地域
  における活動2年以上、かつ解嘱1年以内)であって、地域おこ
  し協力隊員として庄内町に生活の拠点を移し、委嘱日以降後に住
  民票を異動できる方

(3)地域おこしに理解と熱意を有し、地域住民などとコミュニケー
   ションをとりながら 積極的に活動できる方
(4)心身ともに健康で明るく、何事にも前向きに挑戦する意欲を持
   ち、誠実に活動できる方
(5)普通自動車免許を有する方(オートマチック限定可)
(6)一般的なパソコン操作ができる方(ワード、エクセル、パワー
   ポイント、メール、インターネット)
(7)任期終了後も本町に定住し、起業・就業する意欲のある方
(8)地方公務員法第16条の欠格条項(禁錮以上の刑に処せられた者
   等)に該当しない方
勤務地 山形県庄内町立谷沢地区
「(仮称)庄内町立谷沢川流域活性化センター」が活動の拠点になります。
 〒999-6609 山形県東田川郡庄内町肝煎字家ノ前14番地11 
  ※旧庄内町克雪管理センターを現在改修整備中。平成30年3月
   下旬完成。
雇用形態・期間 (1)協力隊員は、町の委嘱を受け、地域おこし活動の対価としての
   報償費(謝礼)の支給を受けますが、町との雇用関係はありま
   せん。したがって、社会保険や雇用保険への加入はありませ
   ん。国民健康保険、国民年金に各自加入していただきます。
(2)委嘱日は、平成30年4月初旬を予定していますが、難しい場合は
   相談のうえ決定します。初年度の委嘱期間は、委嘱日から平成31年
   3月31日までです。
   ※次年度以降も年度ごとに委嘱します。委嘱期間の最長は、初年度の
    委嘱日から3年間です。
(3)協力隊員としての活動に支障がない限り、相談のうえ副業でき
   るものとします。
給与・賃金等 (1)活動謝礼は、月額208,000円です。 
    ※上記の金額から約1割の所得税が差し引かれます。
(2)活動謝礼のほかに、賞与などの手当の支給はありません。
(3)当月の活動謝礼は、活動報告書を確認し、翌月15日頃に指定口
   座に振り込みます。
(4)月の活動日数が、特別な事由がなく20日に満たない時は、1日
   当たり10,400円の日割り計算により支給させていただきます。
待遇・福利厚生 町は、協力隊員が円滑に活動できるよう地域住民や組織団体との橋渡しをしたり、予算の範囲内で多様な経費を支援するなど最大限応援します。

【町が応援すること】
(1)活動期間中の民間アパートなどの住居を町が用意します。町が
   家賃や損害保険料を負担します。3人のうち2人は、平成30
   年4月以降、現在整備中の(仮称)庄内町立谷沢川流域活性化
   センターの2階住居に居住することとします。
(2)活動に使用する車両(軽ワゴン車など)を町が貸与します。町
   がリース料や保険料、燃料費を負担します。
(3)活動に使用するパソコンなどの機器を町が貸与します。町がリ
   ース料を負担します。
(4)活動に使用するスマートフォンを町が貸与します。町が購入費
   や通信料を負担します。
(5)活動に使用する机、椅子などの備品を町が貸与します。町が購
   入費を負担します。
(6)活動に使用する消耗品費や印刷製本費を町が負担します。
(7)活動に必要な研修や出張にかかる旅費を町が負担します。
(8)活動に必要な資格取得にかかる講習費やテキスト代を町が負担
   します。
(9)活動中のケガなどをカバーする傷害保険に加入します。町が保
   険料を負担します。
(10)活動期間中、おいしい地元産米を毎月5kg支給します。町が
   米の購入費を負担します。
(11)6次産業化システム構築に関しては、本町のJR余目駅前「新
   産業創造館クラッセ」に事務室を置く「新産業創造協議会」職
   員が実践的な指導・助言をするなど、様々な課題に応じて応援
   します。
(12)本町内への定住や、起業する場合の支援補助金を町が用意しま
   す。

【協力隊員から負担していただく経費】
(1)本町までの交通費、引っ越しに必要な経費
(2)活動期間中の国民健康保険料、国民年金保険料
(3)貸与された住居に係る光熱水費
(4)活動期間中の個人の生活に必要な備品、消耗品費、通信費など
休日・休暇 (1)1日7時間45分、週5日、月20日を原則とします。
(2)謝礼の支給を受けて活動を行わないことができる場合は、次の
   とおりです。
    年末年始休暇 12月29日~1月3日
    年次休暇   活動期間中1月につき1日
    特別休暇   忌引きなど内容による期間
    病気休暇   病気の内容による期間
募集期間 【応募手続き】
(1)応募受付期間
    平成30年1月31日(水)消印有効とします。下記お問
    合せ先まで提出書類を郵送してください。なお、提出された
    書類は返却いたしませんので予めご了承ください。
(2)提出書類
    下記参考URL(庄内町ホームページ )から「庄内町地域おこし
    協力隊応募用紙」をダウンロードしていただき、顔写真を糊
    付のうえ必要事項を記入してください。
(3)お申込み・お問い合わせ先
    〒999-6601 山形県東田川郡庄内町狩川字大釜22番地
      庄内町役場商工観光課(立川支所) 渡部宛て
        電話 0234-56-2921
        FAX 0234-56-2628
        E-mail:watanabe-keiichi@town.shonai.yamagata.jp

【選 考】
(1)第一次選考として書類審査、第二次選考として面接審査を行い
   ます。
(2)第一次選考の結果は、応募者全員に文書で通知します。合格者
   に対しては、第二次選考の日程などを文書でお知らせします。
   (第二次選考は、平成30年2月中旬を予定しています。)
(3)第二次選考の面接は町関係者により行い、合否の判定結果を全
   員に文書で通知します。
(4)第二次選考会場(山形県庄内町役場)までの交通費などは応募
   者の負担となります。
(5)選考の経過や結果については、第一次及び第二次選考ともにお
   問合せには応じられませんので予めご了承ください。
応募方法 【応募手続き】
(1)応募受付期間
    平成30年1月31日(水)消印有効とします。下記お問
    合せ先まで提出書類を郵送してください。なお、提出された
    書類は返却いたしませんので予めご了承ください。
(2)提出書類
    当ホームページまたは下記参考URL(庄内町ホームページ
    http://www.town.shonai.lg.jp/)から「庄内町地域お
    こし協力隊応募用紙」をダウンロードしていただき、顔写真
    を糊付のうえ必要事項を記入してくださ
    い。
(3)お申込み・お問い合わせ先
    〒999-6601 山形県東田川郡庄内町狩川字大釜22番地
      庄内町役場商工観光課(立川支所) 渡部宛て
        電話 0234-56-2921
        FAX 0234-56-2628
        E-mail:watanabe-keiichi@town.shonai.yamagata.jp

【選 考】
(1)第一次選考として書類審査、第二次選考として面接審査を行い
   ます。
(2)第一次選考の結果は、応募者全員に文書で通知します。合格者
   に対しては、第二次選考の日程などを文書でお知らせします。
   (第二次選考は、平成30年2月中旬を予定しています。)
(3)第二次選考の面接は町関係者により行い、合否の判定結果を全
   員に文書で通知します。
(4)第二次選考会場(山形県庄内町役場)までの交通費などは応募
   者の負担となります。
(5)選考の経過や結果については、第一次及び第二次選考ともにお
   問合せには応じられませんので予めご了承ください。
参考URL http://www.navishonai.jp/
お問合わせ先
庄内町役場商工観光課(立川支所) 渡部
電話
0234-56-2921
FAX
0234-56-2628
参考URL
http://www.town.shonai.lg.jp/

※この情報は登録元の自治体・企業により管理されております。
記事番号: 0000021534

他の地域の
お仕事もCHECK!

北海道

東北

関東

中部

近畿

中国

四国

九州

沖縄

ページトップへ