インタビュー隊員インタビュー

Vol.86 栃木県鹿沼市【現役隊員】    -   ファビアン・イザギレ さん 写真、動画、イラスト、デザインからプロジェクションマッピングまで!鹿沼市を世界にPR

Q1. 地域おこし協力隊に応募したきっかけを教えてください。

平成27年の7月に日本に来て、知り合いの紹介で加蘇芸術村のプロモーション映像を制作しました。加蘇芸術村の撮影が終わった後は、名古屋市でファッションブランドの映像の仕事をしていましたが、鹿沼市で地域おこし協力隊の募集があるという話を聞いて、すぐに応募しました。

Q2. 日々の活動内容や嬉しかったこと、大変だったことを教えてください。

鹿沼市のPRのために、映像作品の制作や、印刷物・看板のデザインなどを行っています。プロジェクションマッピングのイベントを開催し、多くの人に見てもらうことができました。これからも、外国人をはじめ、より多くの皆さんに鹿沼を知ってらえるように頑張ります。

ファビアン隊員が手掛けた作品の一部

Q3. その町の魅力について教えてください。

鹿沼は、自然豊かな風景がふるさとのコスタリカに似ていて居心地がよく、出会う人々も皆さん親切で、魅力を感じていました。

プロジェクションマッピング

PROFILE /  2019年3月掲載

市の臨時職員として勤務するファビアン隊員
着任年月
2016年10月
出身地
コスタリカ共和国
前職
映像作家
今後の活動の予定は?
鹿沼市内で起業し、クリエイターとして活動していきます!

記事の続きを読む